スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

久しぶりの野鳥撮影 

ブログの更新もご無沙汰、野鳥撮影も半年以上ご無沙汰、
とうとう夏真っ盛りの時節になってしまいました。

夏に南の国から渡って来て、日本で繁殖するアオバズクに逢いたいなぁと思っていましたが、
今季は、見あたらないとのことでしたが、
7月末になって鳥撮仲間から情報が寄せられ、久しぶりに出会うことが出来ました。
aobazuku20100001.jpg
最初の出会いは、母親鳥と雛の二羽が離ればなれの位置にたたずんでいた。
aobazuku20100000_20100809110500.jpg
母親? ここのアオバズクは、今季連れ合いを亡くし、
繁殖が期待できなかったようですが、
何とかパートナーを見つけて、雛をかえすことが出来たようだ。 
そして、二人して懸命に雛を育てている。 

最近日本では幼児虐待の話題がテレビを賑わしているが、
人間の若い親達も、この野鳥の必死な子育てを見習ってほしいものですね。 
aobazuku20100003.jpg
それでも、カラスや猛禽にやられて命を失ってしまうのですが、、、、無事に旅立ち、
また来年元気に戻ってきてほしいものです。

↑↓別々の個体。
aobazuku20100002.jpg
そして、その一週間後、友人が親子揃った画を撮影しているのを拝見し、
再度出かけてみることにしました。

現地に到着すると、友人も来ており、
なんと!子供が三羽と両親が一緒に居るではありませんか!!!
aobazuku20100004.jpg
最初は、大きな楠の高いところに止まっており、
今回は、立派な銀杏の木に一家揃って止まっていた。
と言うことは、子供もすこし飛べるようになった?!
aobazuku20100006.jpg
枝が被ったり、目を閉じていたりと、中々思うようには撮影させてもらえませんが、
何とか野鳥撮影に復帰?!!!することができた。

秋の夏鳥や冬鳥の渡り時期には、何とか元の状態に戻りたいものですが、、、、
まだ先は長いのでしょうね。

スポンサーサイト

2010/08/09 Mon. 11:01 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/86-eaa4d947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。