スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ラレーカールトンCRM 本日納車 


雨のため、エントランス内にてカールトンMのファーストショット。 

朝方から雨が降り、寒い一日となりましたが、本日11時よりカールトンMの組み立て開始。
CIMG5937blog.jpg
こんな状態で梱包され、前輪、前輪ブレーキ、ハンドル、ワイヤー類、シートポスト、ペダルが取付られていないだけの状態で、70%以上完成していた。 お手伝いをするといっても、何かが出来るわけでもありませんが、補助しながら、完成までの組み立てを見ることにした。

1.後輪のリヤハブをスタンドに載せ、前輪のクイックレバーを差し込んでフロントフォークに取付けるからはじまった。

2.前輪ブレーキをフレームに取付ける。
CIMG5948blog.jpg
3.ハンドルのコラムとステム固定、ハンドル本体のステムへの取付け。 
ステムは、ハンドル高を高くしたいため裏付けとした。 残念ながら、Raleighのロゴが裏返しになってしまった。 Rareighとしては、水平コラムしか考えていないということ? わたしのように、お腹が出っ張っている人は、ステム角が高くなるように変更したくなると思うのですが、、、、ね。 ロゴを両面にしておいてほしかった。

ここで重要なことは、カールトンMはコラムがカーボン製のため、ステムの上に一枚1cmのスペーサーが入ることである。 スタイル的には、外したいところだが、コラムの締め付け時、カーボンを痛めないためのスペーサーで、これを外してはいけないとのことであった。

4.ハンドルが取付けられた後、左右のSTIレバーを取付ける。
CIMG5956blog.jpg
取付け時、レバーの位置を少し高めの所に持ってきてもらった。 レバーは、私の手に合うように、ほぼ垂直な状態にしてもらう。

5.ブレーキ及びシフター用のワイヤーの取付け。
CIMG5958blog.jpg
ワイヤーを通して取付けただけで、ディレイラーの調整等、なにも無し。

6.スプロケットの交換
オリジナルで付いている105、11-25Tのスプロケットを外す。
CIMG5963bloga.jpg
道具があれば、以外と簡単に外れるものですね!そして、TIAGRAのスプロケット12-30Tを取付ける。 材質の違い、歯車の大きさの違いから、やや重くなるが、わたしの脚力で坂道を登るためには抜群の威力を発揮してくれることを期待している。 
CIMG5967blog.jpg
チェーンの交換又はチェーンリングを足さないと上手く行かないかと思っていましたが、リアディレイラーの調整もなく、普通にシフトチェンジが可能であった! えぇ、ワイアーを繋いだだけで、何の調整もなくて、スムースなシフトチェンジが可能!!! なんとまぁ、ただただ驚き。 これは素人には分からない? メーカーがダメと言っているものを、冒険することは出来ませんね。

フロントギアクランクのアウターで30Tを使うことはほとんど無いと思いますが、これも問題なさそうである。 まだ、乗って試してないので確証はありませんが、手回しでは、全く問題なかった。 SHIMANOでは、30Tが付けられないとなっていたが??? 

ただ、今後色々なシリーズで30Tをカバーしたスプロケットが出てくるような情報もあるようだ。

7.サドル及びペダルの取付け
CIMG5969blog.jpg
8。ハンドルにバーテープを巻き、完成。
CIMG5971blog.jpg
本日は、雨が降っているため、お客さんも来ず、静かな店内でおしゃべりをしながら、約二時間の作業工程で全ての作業が完了! 乗って帰ることが出来ませんので、車載にて自宅まで持ち帰る。 今回、自転車整備の一端を見ることが出来ましたが、まだまだ奥が深そうです。 また、カーボン自転車の場合は、トルクレンチが必要になるようで、道具をそろえるとなると、別の意味で大変? まぁ、これも男の楽しみの一つですかね。 めんどくさいので、自転車屋に任せるのもあり? それぞれ、いろいろな自転車の楽しみ方でよいと思う。 

帰宅後、サイクルコンピュータ、サドルバッグ、ボトルケージ、空気入れホルダー、ライトを取付け、明日から走れる準備が整った。

このカールトンM、はじめに感じた印象は、やはり軽いということ。 いままで経験したことのない軽さ。 もっと軽い自転車があるのでしょうが、ほどほどに軽く、剛性感も感じられる。 そして、今回ギアを大幅に変更したことで、坂道を楽に漕いで行ける環境も整ったような気もする。 一代目のカールトンRSCでも、フロントインナー34Tに対して25Tだったのが、30Tと五コマもギアが違うのですから、貧弱な脚力でも、登坂能力が違ってくることを期待してしまう。

それと、当たり前のことですが、やはり一つ一つパーツの質感が違いますね。  
CIMG5979blog.jpg
パールホワイトの美しい輝きと、細身のフロントフォークやリアステイ、落ち着いたデザインのカールトンMを得て、事故に気をつけながら、カーボンロードをカジュアルに乗りこなし、つぎなる自転車ライフを楽しめればと願っている。
スポンサーサイト

2011/11/11 Fri. 21:00 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 0  /  CM: 8

top △

この記事に対するコメント

納車おめでとうございます。
カッコいいですね。
ステムのロゴ、純正品は左右ともさかさまになってしまうかと思いますが、市販のものだと、右側は上向きに、左側は下向きになるようになっています。
自転車の正面は右側ですからね。

トルクレンチ、欲しいですねぇ。
今は、全部勘で絞めてますから、、、
まぁ、鉄なので平気ですが、一般に締めすぎになるらしいです。
カーボンだと締めすぎると割れちゃいますからねぇ。

shige #- | URL | 2011/11/11 22:43 * edit *

ありがとうございます。

やはり、ラレーのデザインやスタイルは、大人っぽくて好きです。

ステムのロゴは、市販のものが正解ですよ。 何を考えているのでしょうかね。

トルクレンチ、2-3万程するようですが、商売するわけでもないし、難しいところですね。 今のところ、整備能力もありませんので、ほどほどにしておきます。 知っていると言うことが大切?

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/11/11 23:39 * edit *

きゃ~!イケメンだわ♪

納車おめでとうございます♪  いや~精悍ですねぇ~ 
頑なにサイクルジャージは着ないと仰っていましたが
これだとやっぱりサイクルジャージが似合いますよ♪

私は、当分まったりポタ専科ですので、お手柔らかに
お願いしますね(笑)

たすけ #bV8DUnag | URL | 2011/11/12 00:12 * edit *

素敵です!

遂に納車ですね、おめでとうございます。
白のモノトーンは大人のバイクらしく本当に格好いいですね。
そこかしこのユニオンジャックが効いています。

ステムは、これからガシガシ踏めばすぐにまた裏返しに戻せますって。

今度ゆっくり拝見させてください。私も白いバイクが欲しくなってしまった。

テガ #- | URL | 2011/11/12 00:17 * edit *

素晴らしい!!

今回の工程は、通常のメンテでよくやることばかりですので、大変に勉強になりますね。
やはり、プロが組むと、ワイヤーの処理とバーテープの巻きがキレイです。
次にスプロケを外す機会があったら、内側のプラ板を外した方がカッコイイと思います。変速調整がよっぽどいい加減でないかぎり、後ろギアでのチェーン落ちはまずありませんから。
リアエンド金具まで肉抜き軽量化してあるのには驚きました。
やはり、軽量化を旨として設計された自転車なんだなあと思います。
ステムの返しは、トップボルトを先に締めて、次に横のボルトを締めるという順番さえ間違えなければよいので、比較的簡単ですよ。
現状では、トルクレンチがどうしても必要な箇所はないと思います。
これからは、一層、自転車に乗ることが楽しくなりますね。

断腸亭 #mQop/nM. | URL | 2011/11/12 06:49 * edit *

たすけさん、ありがとうございます。

サイクルジャージ? 上の方は、大人しめのものであれば着ても良いと思うのですが、下は、パチパチ、もっこりで無いもので良いものないですかねぇ。 色々物色しているのですが、まだ良いスタイルがみつかりません。

わたしのは、まったりロードですから、たすけさんと一緒ですよ。

大勢でない流山ポタ、お待ちしています。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/11/12 09:17 * edit *

テガさん、ありがとうございます。

タイヤが細いので、ちょっと怖い感じがしますが、、、、

ガシガシ踏む?! わたしはゆるゆる踏むので、当分元に戻らないでしょうねぇ。 お腹が引っ込む気配なしです。 (笑)

テガさんはすでに素敵な自転車をお持ちですから、必要ないと思いますよ。
いつか機会があると思いますので、見てやってください。 

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/11/12 09:23 * edit *

断腸亭さん、色々アドバイスをありがとうございました。

お陰様で、自分に合った自転車が手に入ったような気もします。

ミニベロもトラディストも9.8Kでしたが、この辺りの1-2Kの差が、こんなに軽く感じるのかというフィーリングですよ。 ここが一番違った点? 走っていませんので、乗り心地等は、別途。

確かに、プラスティックは不要ですね。 機会があったら、取り外しますね。
自転車整備に関して、今後ともアドバイス願います。

さて、この自転車でどんな愉しみを得ることが出来るのか、それが楽しみです。 

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/11/12 09:34 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/236-9305e17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。