スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

いちかわ歴史散歩道「中山・若宮界隈」を参考にして、 

本日の目的は、

東山魁夷記念館で開催されている、ドイツ追想の旅=特別展を観に行くことでした。 今六月に訪問した際、年間パスポートを購入していたため、一年間いつ行っても観ることが可能です。 今回は、入館料800円でしたが、22作品にしては、ちょっとお高い?気もします。

魁夷が1969年-1971年にかけて、青春時代の思い出の地ドイツ・オーストリアを再訪したときの作品群の内、ドイツを特集しています。 同じ大戦の戦禍にあったドイツと日本。 この絵を見るにつけ、石の文化と木や紙の文化の違いを痛切に感じます。 戦後24-5年を経過したドイツの街や建物を写生して作品にしていますが、跡形もなくなった石の建物を、元に再生させたドイツ。 以前、わたしもフランクフルトへ二度ほど仕事で訪問したことがありますが、やはりこの町も戦争で跡形もなく爆撃された建物を、石を積み上げ、昔のままに復元させている地区が多くありました。 多分、魁夷も戦前の若い頃に訪れたドイツと戦後のドイツにあまり大きな違いを感じなかったのではないかと思われます。

いただいたパンフレットを折りたたんで運んでいましたので、スキャンしてもこんな状態となってしまいました。(一部カット)

----------------------------------------------------------------------------

この作品展を観るために自転車でやって来たが、
昨晩一匹の蚊に悩まされ、あまり熟睡できなかった影響なのか、記念館に到着するやいなや、会場で両足が痙攣しそうになった。 22作品が展示されている二階の展示室で靴を脱ぎ、筋を伸ばし、人があまりいないことをいいことに、会場内の椅子に座っての鑑賞や、靴下のまま歩きながらゆっくり見て回った。 

鑑賞し終わる頃には脚も元に戻り、表題の散歩道を自転車で回ることにした。
記念館の裏手にあたるところに、中山法華経寺があるが、やはり京成中山駅の側にある黒門(総門)から順番に観ることにした。
CIMG5570blog.jpg
黒門を過ぎると、清華堂という文具店を開いていた石井家より市に寄贈された建物と庭があった。 その建物は、中山の文化活動の拠点となっているようだ。 あまり大きな庭ではありませんが、紅葉の頃は期待できるのかもしれません。
CIMG5574blog.jpg
そして、いよいよ仁王門(赤門)です。
CIMG5567blog.jpg
大正時代に再建された御門ですが、「正中山」の文字は、本阿弥光悦が書いたものだそうです。 そして、いよいよ境内に入って行きます。 先ず目に飛び込んでくるのは、五重塔。
CIMG5575blog.jpg
そして、左手には祖師堂。
CIMG5578blog.jpg
祖師堂の奥には、法華堂があり、入り口に四足門がある。
CIMG5588blog.jpg
紅葉がはじまると、この辺りの趣も変わって来るのでしょう。 この後、若宮方面にある奥之院へ向うが、途中に旧片桐邸(昭和初期のモダンな雰囲気を持つ家?)というのがあり、金曜日と週末のみ無料でオープンしているようだ。
CIMG5590blog.jpg
中には入れないため、門の上にあった面白い鉄のオブジェを撮影させてもらう。 そこを過ぎ、道なりに行くと奥之院。
CIMG5593blog.jpg
日蓮が、開宗後はじめて百日説法を開いた場所であるようだ。
この辺りまでが、中山法華経寺の主だったところであると言える。 前回来た時は、スゥーっと通り過ぎていたが、今回はゆっくり歩きながらも観させてもらった。

さて、これからどうしようかと思ったところで思い出したのが、dadashinさんが紹介されていた大神宮下にあるとんかつ屋「竹とんぼ」。 昼食時も近づいており、そちら方面へ向うことにした。
西船、海神を過ぎる辺りから、何だかdadashinさんが通ったのではないかと思うような道を辿り、何と
CIMG5598blog.jpg
れんが造りの高架橋トンネルの場所へ出てきてしまった。
海神緑地も通りましたので、多分ほぼ同じルートを辿っていたのではないかと思いますが、CIMG5609blog.jpg
親子(両親と息子)でやっている、テーブル三卓とカウンター二席のみの小さなトンカツ屋に辿り着く。 
ロースカツは、L/M/Sとなっている。 違いは、200/160/130gの肉の重さ。 美味しいお肉が入ると、やや大きめになるようだが? 本日は、Mで175g程度にしてくれたようだ。 

最近のロースカツは、脂身を小さくしてしまい(メタボ予防?)、本来のロースカツでなくなって来ている気もするが、このお店は、しっかり脂身を残してくれている。 その脂身の旨味に塩(粟国島=あぐにじま産、沖縄)とカラシ(これも普通のとは、ちょっと違う)が絶妙に絡み合って、とても美味しかった。 そして、感心したのは、食後のお茶にジャスミン茶とウーロン茶をブレンドしたものを出してくれ、店のこだわりを感じた。
ただ、そこまでこだわるなら、味噌汁もこだわって、出汁の効いた八丁味噌の赤だしにしてほしかった気もする。

入店したのが一時近く、お客は私を含めて四人であったが、のんびりと食べていたら誰も居なくなったので、調理していた息子さんと、トンカツ談義をしながら食べることもできた。
CIMG5612blog.jpg
帰りは、横風や向かい風の「木枯らし一番」を感じながら、海老川沿いを走り馬込沢、鎌ヶ谷でブロ友の大吉氏の会社に立ち寄り立ち話し、大町の脇を通り、五香、南増尾、酒井根経由で帰宅した。

総走行距離: ホワイトくん 55Km (大した距離ではなかったが、なんだか寝不足なのか肩のハリを覚える)
スポンサーサイト

2011/10/26 Wed. 23:13 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 6

top △

この記事に対するコメント

うぅ・・・(T_T)

天気も良いし、トンカツも旨そうだし・・・

食べたかったものを、さぞ美味そうに撮られて、さぞ旨そうに書かれると
人間はこうも悲しく、悔しい気持ちになるものだということを
今回の記事で、あらためて認識しました(苦笑)

たすけ #bV8DUnag | URL | 2011/10/27 05:04 * edit *

自転車党

おはようございます。昨日はお越しいただきありがとうございました。ゆっくりお話できなくて残念です。 またよろしくお願いします。

写真、すばらしいです! 

だいきち #FECFAQn. | URL | 2011/10/27 05:53 * edit *

たすけさん、

カラッとした秋の空はいいですね。 夕焼けも撮影してみたいのですが、暗い中を自転車で走るのが怖くて、出かけられません。

ロースカツは、やはり脂身のおいしさ? そこを大きく切り捨てたのでは、、、と、常々感じているものですから。 顔見知りのお店になると、「脂身を多めにね」と言えるのですが。 その肉自体がが美味しくないと、脂身も美味しくない?

今度は、脂ののった「うなぎ」ですか?! 参上いたします。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/10/27 10:08 * edit *

だいきちさん、

ジョギングをされているためか、随分顔も陽に焼けて、引き締まっていましたね。 健康が第一ですから、無理のない程度に頑張ってください。

こんどまた一緒に自転車で走りましょう。  紅葉の時期に、都内はいかがですか? 

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/10/27 10:13 * edit *

わ~。竹とんぼに行かれたとは!本当に揚物お好きなんですね(笑)
走られたコースはほぼ先日の私のポタコースのようですね。中山法華経
あたりは紅葉の時期もいいですよ。東山魁夷記念館の年間パスポートまでお持ちとは恐れ入りました。年数回の企画展に度に中山までいらっしゃることになるのですね。私もドイツ展に行ってみようと思います。

dadashin #- | URL | 2011/10/29 07:47 * edit *

いつの間にか、

dadashinさんコースに一部のっていたような気がします。 あの辺りを含めて、もっと深く探ると色々面白そうですね。 確かに、紅葉の時期は期待できますね。

22作品しかなく、ちょっとお高めなのが気になりますが、、、、長野に行かなければ見られないような絵や、個人蔵、他の美術館蔵も出展されていましたので、楽しめるとは思います。 人が少ないので、ゆったりと眺められるのが最高です。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/10/29 11:10 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/228-02642b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。