スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

御岳山、御岳渓谷巡り=久しぶりの日帰りドライブ 

久方ぶりに、妻と一緒のドライブを楽しむ。 骨折を前後して、長らく妻と一緒のドライブをしたことがなかった。 

秋の紅葉には少し早かったが、平日のドライブを一緒に楽しむことにした。 目的地は、御岳渓谷、玉堂美術館と御岳山へ登ること?
CIMG5396blog.jpg

CIMG5332blog[1]

----------------------------------------------------------
車のナビで目的地をセットして、ナビだよりで最短距離を走ることに。 自宅から二時間半程度のドライブになるようだ。 途中渋滞がなければ、ですが。

七時半過ぎに出発。 外環を利用して和光ICまで行き、そこからは一般道を走るルートを取った。 途中、自然渋滞もあったが、休憩も取らずに走り、
CIMG5277blog.jpg
青梅線の「さわい」駅に到着したのは十時半であった。 約三時間の行程となった。  
CIMG5290blog.jpg
ここには、銘柄澤乃井(さわ蟹ロゴ)で有名?な小澤酒造がある。 昼食でそこのにある「ままごと屋」の豆腐料理を食べようと思っていたので訪問。
CIMG5308blog.jpg
ままごと屋は、昼にはちょっと大仰な食事内容だったので、姉妹店で注文したランチの豆腐料理。 まあまあ?お豆腐はとても滑らかで、美味しかった。 

先ずは、酒蔵を45分間で案内、お酒を試飲させてくれるツアーがあり参加することにした。
CIMG5287blog.jpg
昔は、一升瓶なんて無かったので、このような通い徳利を利用して販売されていた。 子供が酒屋にお使いに出され、この様な徳利を胸に抱えて持ち帰る姿をちょっと想像してみた。

いままでにも、色々なところの酒蔵を訪問したこともあり、大方の話はほぼ同じような内容であった。
清酒、吟醸、大吟醸の違い(精米の仕方が違う、と言っても分からないと思いますが)、一般的には、一部搗きとか、三分搗きでお米を精米して食べますが、高級酒になるほど、その精米の仕方が大きくなる。 50%以上を精米した米で造る酒を吟醸と言う。 従って、大吟醸はもっと精米することになり、米がほんの少しの分量にしかならなくなるために、高級な酒になるということ。 また、清酒用の米は、山田錦という米を使用し、普通の米より大粒であるということ、そして酒には水が大変重要(鉄分やマンガンを含まない水)な要素で、ここの酒造所は珍しく、裏山を横に100メートル程くり抜いた井戸を堀り、水がこんこんと湧き出していた。
CIMG5280blog.jpg
最後に、今年の寒中に絞った純米酒を蔵で半年間熟成させた「ひやおろし」という酒をぐい飲みで試飲させてくれた。 妻は、ぐい飲みにたっぷり入れてもらい飲み干し、情けなくも、わたしは香りのみ嗅がせてもらった。 やや、甘い香りが鼻から喉を通りすぎた。 酒好きには、ちょっとつらい瞬間でもあった。

写真も撮影していないので、その周辺の風景写真を、、、。
CIMG5302blog.jpg
昼食後、一駅先の玉堂美術館へ。
CIMG5312blog.jpg
美術館前の多摩川を望む風景。 
CIMG5315blog.jpg
美術館内の玉堂作品は、残念ながらそれほど多くなく、秀逸な作品はすべて他所の美術館所蔵となっているのか?館内に展示されておらず、ちょっとがっかり。 展覧会等で玉堂作品を集めないと、玉堂の絵の変遷や、作品の秀逸さ、偉大さがわからない?   
CIMG5317blog.jpg
2100円の玉堂画集を買った方が、よりはっきりと全貌が分かるような気がする。

日本画鑑賞後、腹ごなし?のためにケーブルカーを利用した御岳山(929m)トレッキング?!
CIMG5329blog.jpg
880m弱までケーブルカーで運んでもらって、頂上を目指す。
CIMG5378blog.jpg
標高差、たった50メートル程度なのに勾配がきつく、喘ぎながらの登り道となる。 いかに、日頃脚を鍛えていないのかが露呈する。
CIMG5336blog.jpg
途中、東京都指定文化財のお宿「東馬場」を撮影し、御岳神社への急勾配を登る。
喘ぎながらの、最後の急勾配を登ると、
CIMG5352blog.jpg
この景観が目に入ってくる。 

紅葉の時期には、人がどっと押しかけてくるのでしょうが、今頃の平日は人も少なく、のーんびりと風景を眺め、ゆったりとした気分でリフレッシュすることができたような気がする。
CIMG5362blog.jpg
武蔵御嶽神社に、
まぁいろんなことがあったが、夫婦で無事四十年間過すことができたことに感謝し、下山した。 
スポンサーサイト

2011/10/13 Thu. 22:06 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 4

top △

この記事に対するコメント

懐かしいです

御岳山...高校生の時にオリエンテーションで宿泊しました。
写真にあるような、古めかしい宿坊だったように憶えています。
でも、一番憶えているのが、男女ペアになって御岳神社を一周
して帰ってくる肝試しでした。
ところが、誰さんとペアを組んだのか記憶がないのに茅葺屋根と
神社境内の雰囲気だけ、憶えているって自分って...(苦笑)

来月の結婚記念日は、家内を誘って御岳山にドライブでも
行ってみようかな?こちらはまだまだ23年目の新婚?ですが(笑)

たすけ #bV8DUnag | URL | 2011/10/14 01:32 * edit *

学生時代の思い出というのは、ぼやーっとしていますが、ほのぼのとした感じがあって、良いものですね。 まさか、そのパートナーがいまの奥様と言うことはないですよね。 出来過ぎ?

23年の新婚さん?いつまでもその気持ちを忘れずに、、、無理ですね。 気分だけでもそのつもりで、お出かけください。 奥日光、戦場ヶ原もいいですよぉ。 是非。 

今度は、高尾山に行きたいと妻が申しております。 次回は、高尾山へ。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/10/14 13:21 * edit *

懐かしく拝読

30代の頃、毎年11月3日に、友人たちと御嶽山に登るということをやっていました。
5年ぐらい続いたでしょうか。
毎年、同じ山を登ると、自分の体力チェックになります。
1年365日飲み通しの私には、唯一の「健康診断」でした。

断腸亭 #mQop/nM. | URL | 2011/10/14 14:13 * edit *

そうですか!

断腸さんの懐かしいお山ですね。 

本来なら、御嶽駅から徒歩で山頂まで歩くと言うのが本筋なんでしょうが、わたしにはもう出来そうもありません。 たった五十メートルの高低差で、脚が悲鳴を上げていました。

私も365日組ですが、酒造会社の回し者としましては、一日二合で、がん予防、動脈硬化を防ぎ、ボケ防止、骨粗鬆症を予防し、日本酒は肝臓に優しいそうです。 これだと、5日で一升、一ヶ月六本、年間72本と言うことになります。(笑) まぁ、病気になって病院に支払うよりましです。 ただし、深酒厳禁、バランスの良い食事をして、飲み過ぎないと言うことですね。 

わたしも、現在焼酎のいいちこ一升x4本、一ヶ月のペースで呑んでますから、ほぼ上記病気の予防に役立っている?ようです。 また、呑めなくなったら、病気だと思っていますよ。(大笑)

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/10/14 15:27 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/223-1fe905a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。