スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

自動車保険更新に際して 

保険会社より自動車保険の更新案内がメールで届く。

再度、保険内容を確認してみると、
以前にも書いたかもしれませんが、自動車保険特約を掛けることにより、自転車事故にも対応することができる。

その特約の一つは、
人身傷害補償特約である。 限度額5000万円で掛け金5200円/年。
特約内容としては、
QTE
契約車に搭乗中の自動車事故で死傷した場合、または後遺障害を被った場合に補償される保険です。相手のいない単独事故も補償の対象となります。記名被保険者およびその同居の家族(別居の未婚の子を含む)については、他の車(自家用5車種*注に限る)に搭乗中や、歩行中や自転車搭乗中の自動車事故の場合も補償されます。

保険金については、実際の総損害額を、過失割合に関係なく、ご契約の保険金額を限度に全額が支払われます。傷害の場合は治療費や休業損害、精神的損害、死亡した場合はもし生きていたら将来に得ることができたはずの利益(逸失利益)にいたるまで、幅広く補償されます(総損害額は約款に基づいた当社規定の人身傷害補償特約損害額算定基準にもとづき算定いたします)。
UNQTE

この特約の特徴は、自分で犯した事故(過失割合100%)でも補償されること、相手が無保険であっても、この保険でカバーすることが出来ることである。 また、家族全員を補償しているし、契約車両に同乗していた他人も補償される。
ご夫婦・ご家族で自転車を楽しまれている方は特にお薦めかもしれませんね。 ただし、この自転車事故は、車との事故に限定されるので注意。 従って、対人との事故を考えると、下の個人賠償責任特約が必要になる。 まぁ、この特約は、車の事故に対して必要な保険ですので、ついでに補償を受けられると考えた方が良い?のかも。  

もう一つは、
個人賠償責任特約。 限度額5000万円で2310円/年の掛け金。

これは自転車事故だけでなく、私たちが日常生活の中で他人(いわゆる第三者)に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負う場合に利用する保険特約。

従って、車の保険を掛けるついでに、自転車事故や他人に損害を与えてしまった場合に補償される保険を附保しておけば、万一の事故に備えることが可能となる。 同居する家族全員が補償されますので、個別に保険を付保する必要が無い事になる。

まぁ、自転車に特化した保険を掛ければ良いと思いますが、何が起こるか分からないので、安価で上手な組み合わせが必要ですね。
スポンサーサイト

2011/09/10 Sat. 16:34 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/208-78a284f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。