スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

飛島 その4 


二日半、雨が降ったり止んだりのお天気で、4日目の朝、ようやく晴れの天気予報となった。 朝焼けの中の鳥海山を撮影したいと思い、四時起きして現場に行きましたが、内陸の方は雲がかかり鳥海山を望む景色には恵まれません。 日頃の行いが悪いのか?ほんの少しの朝焼けを撮影させてもらい、その後野鳥撮影に入った。

さて、野鳥撮影の方ですが、
中々、いままでにお目にかかったことのない野鳥に出会えない。 今季近所でも良く見かけたマヒワが群れとなって地上に舞い降り、餌を啄ばんでいた。
14337blog.jpg
連写中のワンショットに飛翔するマヒワ♂を捉えることができた。 マニュアルピントですから、まぐれですね。

その同じ場所で、今季まだ撮影できていなかったアトリ一家を撮影。
14339blog.jpg
アトリ♂
14340blog.jpg
アトリ幼鳥
14341blog.jpg
アトリ♀、アトリの一家を撮影させてもらう。

その後、島の奥へと進む。
14342blog.jpg
冬鳥達が涼しい場所に移動途中に、この島でひと休みしているのでしょう。 
ルリビタキ♀
14343blog.jpg
と出逢い、撮影する。

三日目辺りから、
自転車事故後、日常生活は、イスとベッドの生活をしているため、島の畳での生活(寝起き、食事等)や、一日ニ万歩!前後歩く探索疲れから、脚と腰が痛み出してきた。 

「こんな遠くまで来て」との思いから、何とか色々な野鳥を撮影したいと必死になっていたが、楽しみでやっていること、無理をせず、野鳥に出逢えれば撮影させてもらえば良いと少し考え方を変え、脚と相談しながら、のんびりと島の中を探索し続けることにした。 
また、野鳥との出会いは、運も左右しますので、こればかりはどうしようもありませんね。
スポンサーサイト

2011/05/10 Tue. 14:05 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 2

top △

この記事に対するコメント

小さい鳥たちの表情が
とても愛くるしいですね

こういう小鳥を見つけるために
撮影機材の他に、望遠鏡等も使うのですか?

夢中になると、我を忘れてつい無理をしてしまいがちです
お怪我の治癒具合にも配慮され
くれぐれも無理をなさらず、お体を御自愛されますよう
願っています。

tettyan #- | URL | 2011/05/11 04:08 * edit *

小鳥

小鳥を見るけるのは、さえずりや地鳴きが一番なんですよ。 そして、目で探し、ファインダーで覗くという感じですかね。 私の場合は、装備を軽くするため、双眼鏡や望遠鏡は持ち歩きません。 

ファインダーで約600mm前後から900mm程度になりますので、肉眼で見つけ、ファインダーで覗き、確認してシャッターを押しています。

夢中になり過ぎるきらいがありますので、ついついです。 そろそろ歳を考えた行動をとらないとダメですね。 反省です。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2011/05/11 08:49 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/188-7b31360f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。