スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

5月 16日 テンプレート変更、ポタリング、自転車必需品あれこれ 

このブログをはじめるにあたり、どのようなテンプレートが一番効果的なものかと、FC2のテンプレート集を検索していましたが、やっとぴったりくるテンプレートが見つかりましたので、このテンプレートに変更。 そして、標題もRaleigh ラレー ミニベロ RSW "Carlton君 de 行く”に変更。 副題も、”ラレーミニベロ RSWカールトンに魅せられて、自転車が趣味に変身? 自転車ド素人の顛末記”とすることにした。 また、このオリジナルテンプレートの文字の大きさや、左右のフレーム画面の大きさを変更して、少し大きな画像600-640ピクセルも貼れるようにした。

まぁ、還暦を越えたオッサンが、自転車を部屋に入れ、自転車を眺め、時にはさすってやり、磨いている!!!その美しさに魅了されている。 なんとまあ、、、ですが、自転車にのめり込んでゆく様を記録として残したいという目的と、すこしでも自転車乗りの楽しさや、魅力が伝われば良いのですがね。j
サイクルコンピュータも来ましたので、いままで何度も自転車で行っていた手賀沼まで、何キロあるのか計測してみようと出かける。 結果は、片道約10kmでしたね。 
j
また、本日は、手賀沼のCRを、いつもと反対方向に向かい、大堀川CRに入り、川沿いを北上して流山おおたかの森SCを経由して自宅まで戻る。 
1h25m  26.71km Av18.03 Max36.2km/h 
交差点の信号が多く、Av.スピードはそれほどではありませんね。

自転車必需品として、
1.パンク修理キット、パナレーサーパンク修理キット購入
2.修理道具があっても、空気入れがないとどうにもならないので、
  TOPEAK(トピーク) ポケットロケットマスターブラスター PPM046/TPMB-1を購入
ボトルケージをダウンチューブに変更して、シートチューブ側に空気入れを付けれるように変更。 この空気入れ、小型で軽く、使い易い。 まだ、どの程度の圧力まで入れれるかは不明。 仕様書によると、11BARまで入れることが可能のようですか、、、、、
j
3.車載輪行時、チェーンで車のシートが汚れる可能性があるため、オーストリッチ チェーンカバー を購入。
材質的に、頼りない感じですが、無いマシですかね。 役割さえ果たしてくれれば、それでよい。
j
4.そして、これも車載輪行時、フロントの車輪を外しますので、フロントフォークのエンドを保護するために、オーストリッチ エンド金具 フロント用購入
j
現段階では、残すところヘルメットと手袋かな。
手袋は、現在滑り止めの付いた軍手の指先を切って使用。 汗もふけるし、これが中々捨てがたい代物です。
ヘルメットは、安全上必要と思うのですが、どうもしっくりと来るものがない。 と言うことで、普通の帽子を着用。

安全上のことですが、
本日手賀沼CRを走っていて、道が極端に狭くなって、曲がって前方が見えない所を、全速力で入ってくる自転車と危うく正面衝突になるところ。 此方が左側通行で、ゆっくりとしたスピードに落としていて、道路際の縁石に足をかけて止まったから良かったのですが、相手はカーブを切りながら速度を落とさず、此方に向かってきたのには驚いた。 「大丈夫ですか」と言いましたが、「大丈夫ですかじゃないだろう。何を考えて走っているんだ。」と毒づいちゃいました。 狭いカーブ道を全速力で走ってくるなんて、「馬鹿野郎」と怒鳴りたくなっちゃいましたね。 こちらの自転車は、ブレーキと同時に後輪が浮き左足をレンガの縁石に載せて停止。 相手は全く止まらず!!!!本当に、どないなっちょるのやら。 速くはしりゃいいってモンじゃないだろ。 と言うことで、此方が注意していても、危険に遭遇する可能性があるので、考えておかねば、、、、

撮影機材:Pentax Optio S5n
スポンサーサイト

2009/05/16 Sat. 16:00 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/15-a3d88435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。