スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

12月9・10日の野鳥 

9日、ルリビタキに逢いたくって、O自然公園へ出かける。
平日の園内は、とても静か。 時々、散歩の方を見かけますが、のんびりと野鳥を探すことが可能です。 知り合いのカメラマンの人と出会い、ルリの居場所を教わる。

時々、ルリの声を聴くことが出来るのですが、姿を見かけない。 ルリを求めながら園内を歩いていると、鳥たちの騒がしい声と羽ばたきの音がする。 レンズを覗くと、ツグミが沢山群がり、木の実を啄んでいる。

一度にこんなに沢山のツグミを見るのははじめて? 50羽ほど群がっている。 木の実を啄むために、時々ホバリングもする。
IMGP6604blogblog.jpg
動きのあるツグミを撮影する絶好のチャンス。 羽を広げているところを連写する。 100枚近く連写しましたが、何とか二枚、羽を大きく広げたツグミをゲットできた。 距離25メートル程ありましたので、大きくトリミングしています。

撮影後、再度ルリ探し。 声はすれど、姿が、、、、ですが、
IMGP6662blogaa.jpg
待っていると、木の根元にひょっこりと顔を出すルリ!!! ルリもビックリかもしれないが、こちらもビックリ。 暗い場所なので、SSが上がらず心配でしたが、二枚ほど姿を捉えることが出来た。
IMGP6665blogaa.jpg
二枚目は、SS1/60でしたが、ピン甘、動体ブレ?を感じますが、何とか止まってくれたようです。 今季、初撮り。まぁ、これから会える機会もあるでしょう。

10日、写友のKさんが出かけてくるとのことで、ご一緒することに。
目当ては、マヒワやルリビタキ。 ところが、中々出逢えない。 またまた、園内を一周するが、メジロやカワセミが相手をしてくれるだけ。 マヒワもいましたが、高い梢から降りてこない、ルリビタキも一瞬姿を現すが、直ぐに引っ込んでしまい撮り逃す。 IMGP6770blog[2]blog
ムラサキシキブに止まるメジロ。 この実を食べているルリビタキを撮影したかったのですが、思うようには撮影出来ないのが野鳥撮影? 二人でランチするための帰り際、Kさんが木に止まっているシロハラを発見。 シロハラも今季初。 ルリが撮れなかった分、撮影条件は良くありませんが、二人でシャッターを切りまくることに。
IMGP7017blogblog.jpg
まぁ、野鳥撮影というのは、野鳥との出会いが無ければどうにもなりません。 こまめにフィールドに通い、野鳥の動きや声を観察することが大切で、わたしのように横着してはダメですね。

寒さが増す毎に、冬鳥が入って来ますので、自分で自由に出来る時間が一杯のシニアライフ? ぼちぼちと愉しめばよいのでしょう。
スポンサーサイト

2010/12/11 Sat. 20:33 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 2

top △

この記事に対するコメント

はじめまして、oboekanと申します。
最近自転車に乗り始めたのですが、EOS7Dを背負って手賀沼あたりを徘徊しております。

ツグミやメジロの写真、ピントもバッチリで綺麗ですね。
私も手賀沼に自転車で出かける様になってから、手賀沼の鳥を撮るようになったのですが、なかなかピントがピシッと決まりません。
これから精進します。

今後ともよろしくお願いいたします。

oboekan #- | URL | 2010/12/23 21:34 * edit *

oboekanさん、はじめまして。 野鳥写真を褒めいただき恐縮です。 デジ眼を背負ってサイクリングですか。 EOS7D!良いカメラです。 野鳥撮影は、少し特殊かもしれません。 

書くと長くなりますが、そこそこの機材であれば、機材云々ではありません。 基本的には、野鳥を素早く見つけること、被写体に近いこと(被写体の大きさによりますが、20メートル以内?)が重要な要素となり、プラスで焦点距離の長い300mm以上のレンズ(ズームレンズはお勧めできない?)が必要、手ぶれ補正があった方が確率が上がる、又は高感度撮影が可能等特徴のある機能があると便利? 手ぶれ補正があっても、手持ちではブレ写真が続出することを覚悟。 被写体の動きが激しいので、動体ブレも覚悟して連写する。 撮影枚数の一割程度が確保できれば御の字と思うこと、等々野鳥を知ることと、撮影経験がかなり必要となります。 100枚撮影して、気に入ったのが一二枚撮れれば良いと思わないと野鳥撮影は出来ない?

それと、自分好みの画にするには、撮影した後の画像処理の仕方や知識が必要となります。

偉そうに野鳥撮影の先輩として、あれこれ書いてしまいましたが、カメラがデジタル化したからこそ楽しめる野鳥撮影です。 失敗を恐れず(コストは初期投資のみ?)、シャッターをメディアが一杯になるまで、がんがん切ることです。 そこから何かが(露出のこと、光線の見極め、ISO感度とシャッタースピード、画質、野鳥との出会い等々)見つかると思います。

それと蛇足ですが、軽々にレンズ沼にはまらないようにしてくださいね。 良し悪しは、レンズだけではありませんから、、、、くれぐれもお気を付けください。

こちらこそ、よろしくおつき合いください。

joypapa #Jo7nc4KM | URL | 2010/12/23 23:23 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitensha1000.blog16.fc2.com/tb.php/132-c9aa24f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。