スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

そろそろ野鳥撮影再開? 

_IGP1392blogaa.jpg
中庭の八重桜の梢で日向ぼっこをしていたカワラヒワ 大きくトリム

外気温も10度Cを切り、自転車遊びをするにはちょっと辛い時期となって来ましたね。 無理をせず、のんびり楽しむを第一義とする自転車遊びですから、苦痛を伴いながら、遊ぶこともありません。 寒い時は、条件の良い日を選んで遊べばよい?!と心得て、楽しむことにします。
_IGP1404blogblog.jpg
そこで、随分長らく野鳥フィールドへ出ていませんでしたが、冬鳥達も揃いましたし、野鳥撮影を再開?することに。 さて、今季はどんな鳥たちに出逢えるでしょうか? 

撮影機材: miniBORG60ED+Pentax K10D



スポンサーサイト

2011/12/24 Sat. 10:25 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 4

top △

平日一人ポタ 


久しぶりの利根川

野鳥シリーズ年賀状のプリントもほぼ終わった。 もう野鳥シリーズは、何回目になるのだろう。 九回目?!
今度の年賀状の野鳥は、今年三月に撮影した珍鳥、カラフトムシクイにした。 素早い動きに翻弄された思い出の鳥! そんな事情は、受け取る人は全く分からないだろうが。

そして12月21日、事故後二年が経過する。 昨年の今頃は杖を突き、まだ自転車にも乗れず、自転車に乗ることを躊躇している自分がいた。 ようやく、年も明けた三月にやる気も出てきて、ホワイトくんで再スタート。 ボチボチ走り始め、その後カールトン二世が先月手元に届いた。 60代も半ばになる私、わたしなりに随分長距離も走れるようになってきた?! 

事故に気をつけて、さらなる自転車ライフの楽しみ方を見つけたいと思っている。

         ----------------------------------------------------

本日、何となくカールトン君で走ってみたくなり、十時過ぎに当てもなく家を出た。 先ずは、いつものコースで手賀沼フィッシングセンターまで走ってみる。 防寒ばっちりで、思ったほど寒くないとは言え、寒さで鼻水はでるは、耳が痛くなってくるは、弱いながらも風が吹いているはで、からだが自然に冬本番を感じている。

フィッシングセンタ-前の休憩所で休憩しながら、少しからだがほてってきて、にじんだ汗をぬぐい、再度耳の防寒をやり直した。 気温十度と寒いにもかかわらず出てきたからには、このまま戻るのではもったいない? 布佐まで走って、栄橋を渡り、利根川から小貝川右岸を走ってみることにした。 誰ーれも、走っていない。 シーンとした、張り詰めた空気のみ! 陽が当たる方の身体はやや温かく、反対側は冷たいという、変な温度差を感じながら走る。

一人ポタは、ちょっと寂しく、孤独! 風が吹けば、自分で自分を励まし、当てもなく走る様は、何だか修行僧のような趣も。
CIMG6837blog.jpg
小貝川の右岸を走るのは、はじめて。 
二年ほど前、この小貝川CRを走ってみようと思っていた矢先の事故だった。 
CIMG6845blog.jpg
走っている内に、そう言えば間宮林蔵の記念館や墓所があると、どなたかのブログで読んだような気がして探してみることに。 途中から左岸に進路を取る。 

以前、茎崎霊園までミニベロ・カールトン一世で走った時、小貝川を渡った橋の側にあるはずと記憶していたが、堤防からは、何処にあるのか全く分からない。 仕方なく、記憶のある橋まで行き、堤防の下の道に入り、暫く下流側へ逆戻りすると、見つけることが出来た。
CIMG6855blog.jpg
月曜日は休館日(笑)、、、墓所のある専称寺も立ち寄り、農民出身者らしい小さなお墓だった。 手前に建てられている大きな石碑は、後刻造られたモノで、その石碑の陰に、樺太探検に行く前に自分で建てたお墓が、ひっそりと佇んでいた。

すでに午後一時前、お腹も空いてきたので、南守谷に。 ここまで来たので、ハンス・ホールベックのランチをいただくことにした。 彼方此方のブログにお店の紹介や写真が掲載されているので割愛。  

食べ終わると、二時を回っていた。 急いで帰らないと陽が落ちてしまう? 何処にも立ち寄らず、新大利根橋、布施弁天、北柏、手賀沼を経由して三時半前に帰着した。

本日の走行距離: カールトン君 76.5Km
本日は、首と左の脇腰が痛くなったので、ハンドルとシートの微調整が必要? まだまだ、自分のフォームが固まっていないようだ。

2011/12/19 Mon. 21:20 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 4

top △

平日ポタ with 愚兵衛さん 


もみじの終焉
CIMG6798blog.jpg
そろそろ枯れ葉を掃き清め、あたらしい年を迎える準備が始まった。

久しぶりに暖かな陽気に誘われて、愚兵衛さんと八千代道の駅で待ち合わせ、佐倉にある川村記念美術館まで走る。 特に、館内に入って観たいものはなかったが、、、
CIMG6780blog.jpg
途中で休憩した四街道の蓮花寺(蓮華寺)。
CIMG6786blog.jpg
四街道インターを造る際、建設場所に奉られていた馬頭観音様を、蓮華寺の門前に移動させたようだ。 心の中で、白馬(ホワイトくん)とわたしの無事を祈る。
 
休憩後、川村美術館へ向う途中、前を走っていた愚兵衛さんが、「えぇ!光に透けた綺麗な紅葉!!」と声を上げ、当然途中下車させてもらった。
CIMG6808blog.jpg
落ち葉を燃やしている煙が立ちこめ、↑の写真のように、かえって良い感じになった。
CIMG6792blog.jpg
もう紅葉はお終いにしましたが、美しいモノを観てしまったからには、しばし撮影。

お昼前には美術館に到着し、散策路を散策する。
CIMG6818blog.jpg
園内は、綺麗に整備され、四季折々の景観が観られ、春のさくらと菜の花、5月のつつじ、秋の紅葉、冬の雪景色?(とても行けませんが)等々、良さそう。 
CIMG6812blog.jpg
池には、オシドリ♂♀数羽が入っており、春先まで観ることができるでしょう。 
CIMG6823blog.jpg
午後三時前に道の駅八千代に戻る、とても穏やかな陽射しの中のポタリングとなった。 誘っていただいた愚兵衛さん、また平日遊びましょう。

本日の走行距離: ホワイトくん 55Km

2011/12/15 Thu. 18:35 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 4

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。