スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

久しぶりのカールトン君 

先日、二年目の車両点検のためディーラーに車を持ち込み点検してもらうことになったが、ただジッと一時間以上待つのも芸がないので、カールトン君を積んで行った。 ディーラーに車を預け、車載のカールトン君の前輪を取り付けて自転車散歩に出かけた。

何処へ行く当てもなく走り出したが、手賀沼CRが直ぐ近くにあり、市の体育館の裏からCRに入る。 さて、右へ行こうか左にしようか???ハンドルは、当てがあるわけでもないが、自然に大堀川CRの方へと向っていた。 しばらくCRを走るが、陽射しが厳しく、ムッとした空気が身体を包みだす。 これはたまらないとCRから外れ、街中をうろうろ走りながら花野井を目指すことにした。

途中、吉田邸の看板が目に入り、久しぶりに立ち寄ることに。

平日のため?閑散としている。 住宅の中に立ち入るのは止めて、カールトン君の記録撮影のみ。 

撮影後、またまた当てもなく裏道をうろうろしながら走行する。 すると、なんだか記憶のある場所に出た! 柏ビレッジの水辺の公園の近くに辿り着く。 ここは、野鳥撮影をはじめた頃、季節毎に野鳥を探しに訪れた場所であった。 

しかし、園内の様子がすこし変わってしまっていて、池の中を回遊できる木道が閉鎖されてしまっていた。
CIMG4993blog.jpg
事故か何かあったのか、住民の親から子供に危険だからと指摘されて?なのか分かりませんが、公園の管理者は、責任を回避するために木道を閉鎖してしまったのだろう。 

以前は、その木道を歩きながら野鳥を観察し、撮影もできた。 また、沼の生物や自然を観察するにはもってこいで、水と接近して親しむこともできたのだが、、、。 都市公園では、子供達を含め、折角の自然を体感できない環境になって来ていると感じるのは、、、わたしだけ? そんなことを思いながら、2時間弱の自転車散歩だった。

走行距離: カールトン君 20Km 
スポンサーサイト

2011/08/29 Mon. 17:52 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 2

top △

酷暑の夏!ハマッテいること 

平日の午前中、

 いい湯だな アハハ♪
     いい湯だな アハハ
    こーこーは ちかーくの 健美の湯♪

と言うことで、
この暑い夏のマイブームとなっているのは、
空いている平日の午前中、近くのスーパー銭湯へ妻と一緒に出かけ、心身共にリラックス?! 高濃度炭酸泉に浸かり、塩サウナに入り、ジェットバスで身体をほぐし、露天風呂で自然の風(実際は温い風?にもかかわらず、腰湯している身体には爽やかな心地よさ)を感じながら、のんびり二時間ほど過す。

熱気がからだにまとわりつくこの暑い夏!こんな過ごし方ができるのも、サラリーマンを卒業した者のささやかな楽しみ方?かな。
 
現役の方には申し訳ないが、
同輩の諸兄! 平日午前中の温泉三昧! いかがですかな。 

2011/08/18 Thu. 17:50 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 2

top △

旧街道を辿る赤線地帯サイクリング~向島老舗和菓子三昧ツアーに参加 

昨日集まったのは、猛暑をものともしない猛者?9名。
しゃあさん、横山さん、kaccinさん、たすけさん、TCR-Nさん、bunaibuさん、ジャスの紳さん、断腸亭さん、そして私。  

断腸亭さんの歴史や古い事柄に対する好奇心や探求心を窺い知ることが出来るツアーで、旧街道筋や赤線地帯を巡り、和菓子を昼食後のデザートとする小粋な自転車遊びではあるが、このところの暑さを考えると「よくもまぁ、この炎天下に自転車で走るとは!物好きな」と普通笑われるのが落ちである自転車ツアー? まぁ、こんな自虐的な遊び方をするのも、自転車乗りの楽しみ方の一つ!と言うほかない?

ただ、とても一人でこんな炎天下を走る気はしないが、不思議と仲間がいれば走れるものである。 それにしても断腸亭さんのメニューは豊富で、走ったり止まったりの繰り返し。 SPDペダルの方達は、見学場所での乗り降りや信号での立ち止まりの多さに若干苦労した? この様なツアーでは、フラットペダルの走行が安全であるような気がする。 

今回、わたしは後ろからトコトコついて行き、何処をどう走ったかよく分かりませんが、
行程としては、
水元公園(噴水広場)→金町関所跡→旧水戸街道(葛西神社)
CIMG4930blog.jpg
→中川CR→古東海道(葛飾・墨田区)→榎本武揚銅像→隅田川神社(東白髭公園)→「玉ノ井」(赤線1)探訪→地蔵坂通り(子育て地蔵尊)→幸田露伴旧居跡→「鳩の街」(赤線2)探訪
CIMG4934blog.jpg
太陽がジリジリと照りつける中、昔のウヒョウヒョ地帯の細い路地を、ゾロゾロと9台の自転車で走り抜ける。 いまでは、昔の面影の残骸すらも残っておりませんが、、、。 

→向島花柳界→見番通り(芸妓の管理所あり)→弘福寺(若き勝海舟が通った禅寺)→長命寺桜餅(和菓子1)→墨田区少年野球場(王貞治少年が練習した野球場)→日本一の吉備団子(和菓子2)
CIMG4939blog.jpg
→下町名物激安250円弁当を買って→向島百花園(入園料150円)で昼食
CIMG4942blog.jpg
百花園に着くころには、みなかなり消耗していて、ベンチにへなへなと座り込む?(わたしだけ?) 救いだったのは、座り込んだベンチの処では、心地よい風が吹き抜け、人心地できる場所であった。 ただ、身体が熱くなっており、ご飯がのどを通るか心配でしたが、格安の割にはお米が美味しく、ペロリと完食することができた。 

→白髭神社→白髭橋
食事休憩後、エネルギーを若干ため込んで再出発したが、写真を見れば分かるように、
CIMG4964blog.jpg
更に日差しが強まり、路面からの反射熱も加わり、体力をどんどん奪って行く。

→千住大橋(船着き場)
CIMG4969blog.jpg
千住大橋から新橋間で、わたしの身体も火照りに火照り、脚がツリそうになる。
ちょうど間合い良く、ツアーリーダーの適切な判断で千住新橋の袂の日陰で、暑さ凌ぎの大休憩をとることになった。 

→旧奥州日光街道→奥のほそ道・矢立の碑→千住宿→千住新橋→綾瀬→水元公園(解散)
そして、折角の自転車遊びであの世行きの人を出さないためにも、千住新橋以降の行程については予定を変更し、水元公園に直帰することとなった。 

大休憩後の走行においても、時々脚がツリそうになったが、何とか水元に辿り着いた。 ご褒美にイチゴミルクのかき氷で一服後、車載輪行にて自宅まで何とか生還。 タフな一日となったが、45年程前の懐かしい場所にも偶然巡り遭え、昔のことを一人懐かしむこともできた。 

みなさんお疲れ様。 そして、盛りだくさんのメニューを企画し、引率してくれた断腸亭さんに多謝。 
総走行距離: 47.5Km

2011/08/14 Sun. 16:36 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 10

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。