スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

巣立ち雛 すずめ 

今朝方庭先で、やけにチーィチーィと鳴き声がする。 辺りを探してみると、すずめの雛が一人で枝に止まり、鳴いている。 親の姿は、見当たらない。

一旦カメラを取りに戻るが、同じ場所にそのまま居てくれた。
_IGP4070blog.jpg
この時期、留鳥たち(シジュウカラ、エナガ、オナガ、ヒヨドリ、ムクドリ等々)の雛が巣立ちの時を迎えている。 ただ、丁度良いタイミングで出会うことが難しいのですが、、、。 

_IGP4120blog.jpg
人間と同様、野鳥の雛も無垢であどけない表情を見せてくれるが、野鳥達は、巣立ち後ニ三日で自立(自活すること)を促される。 人は、二十年近くかけて巣離れするようになって来たが、最近の日本では、幾つになっても巣離れしない子も増えているようだ。 たぶん、親に問題があるのでしょうが、日本の巣立ちしていない若者達、甘ったれるな!?と言うことなんでしょう。
スポンサーサイト

2011/05/26 Thu. 09:24 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 0

top △

フクロウ雛の巣立ちをUPしようと思ってましたが、 

フクロウ幼鳥の巣立ちを見たく、たすけさん、断腸亭さん、呑さんと、隣の県の森まで出かけたが、幼鳥は出てくる気配もなく、その他の鳥にも振られ、森林浴のみとなってしまった。
IMGP0548blog.jpg
ちょっとがっかりの状態だが、森からすぐ側の、たすけさんご推薦のガーデン カフェ? 「ぬまもと」へ。 
これが思いもよらず素適なコーヒーハウスで、庭を見ながらテラスにてランチタイム。 あまり手入れはされていませんが、庭を眺めながら、おいしい紅茶やコーヒーが楽しめる。
IMGP0539blog.jpg 
と思っていたのですが、突然雲行きが怪しくなり、食事の時は室内に移動。
IMGP0542blog.jpg
今回は、ランチメニューのスパゲッティのセット1,100円(麺大盛り+100円)を注文。
IMGP0544blog_20110522230021.jpg
スパゲティーも、付いていたパンも美味しく、店内は大きくありませんが、センスもあり、雰囲気もよく、特に女性客には好評? 本日も、大勢の女性の方が来店されており、空席待ちとなっていた。


実は、わたしはきのこスパゲティーのクリーム仕立てをオーダーしていたのですが、トマトソース仕立てが出てきてしまい、「あれぇ」と不思議そうな顔をしながら、まぁいいかともらっておきました。 しばらくすると、店員さんが戻ってきて「間違っていました。変更いたします」と言いに来た。 「これでいいですよ」と言って食べていると、再度来て「作っていますので、後ほどお持ちします」とのこと、一度は結構ですと遠慮したが、お持ちしますと言われるので、遠慮なくいただくことにした。 後刻、四人で分けて食べましたが、そのクリーム仕立てのスパゲティーが素晴らしい味だった。 
IMGP0541blog.jpg 
通常は19時までのようですから、食事をするならランチタイムに利用し、
その他の時間は、お茶をするということになるのでしょうか?

フクロウの幼鳥巣立ちを見る目的が、グルメに変更となってしまった一日。(大笑)

2011/05/22 Sun. 22:19 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

結果として、成田でうなぎ! 

昨日、車友?Y氏と手賀沼の道の駅で待ち合わせて、久しぶりに一緒にサイクリングとなりました。 目的は、私の「ミニベロ、カールトン君に試乗してみたい」、ついでに「美味しいうなぎを食べたい」でした。 

道の駅沼南からフィッシングセンターまでカールトン君に試乗。 再度、お互いの自転車を交換し、サドル高を微調整し直して、次の目的、うなぎを求める旅に?出発。 当初、湖北駅近くにある お賀川を予定していましたが、お昼には時間がありすぎて間が良くないため、手賀川沿いを下り布佐方面へ。 

途中、震災の影響で道路が寸断されており、迂回することになりましたが、利根川CRに出て安食近くの堤防沿いにある川魚料理屋「うなぎ さかた」へ向かう。 だが、ここも10時半過ぎに到着してしまい、お昼には間がありすぎる?! 

まぁ、ここまできたのだから、成田山へ向かおうかと言うことになり、丘を4回ほど越えなければなりませんが、勢いで行くことになった。 で、結果として、タイトルの「成田でうなぎ」になってしまった。
 

成田からの帰り道で見かけた、ポプラの木。 
田植えが終わった田圃の中で、青空を背景に一本だけ気高く聳え、絵になっていた。

CIMG4745blog.jpg
成田へ向かう坂道がちょっと堪えたが、何とか成田山の参道に、丁度お昼に良いタイミングで入る。 しかし、思っていたより人出があり、沢山ある鰻やは、何処も行列状態。 しかし、3年間のシンガポール駐在と本社勤務3年を除き、成田開港以来通った成田、地の利を生かし、参道を離れて勝手知った鰻やへ。成田開港と同時に開店した有名な鰻やの分店で、よく宴会や昼食に利用したお店。 51号線から50メートルほど入った所にある「川豊 別館」に、久しぶりの訪問となった。このお店は、ちょっと隠れた場所にあるので、大丈夫だろうと思っていましたが、ここも意外と混んでいた。 カウンターが空いていたので、二人で四人掛けのカウンターを利用させてもらい、お店の仲居さんと話しながら食べさせてもらうことに、、、 

お昼に行くなら、ここの一日三十食限定のランチメニュ1,000円「うな丼」がオススメ。
CIMG4751blog.jpg
この写真には、追加注文の「きも焼き」がついていますが、お昼には1,000円うな丼定食で十分なボリューム。 当日、食べ終わる頃には、限定三十食分は終了した。 また、川豊本店、川豊西口店では、このランチメニュは提供されていません。 川豊別館のみ。

今年は、しらす(うなぎの稚魚)が不作で、量的に不足し、うなぎの値段が上がるのではないかと言われていますが、成田では、今のところ価格維持されていた。 

さて、一応目的は達成しましたが、帰らなくっちゃなりません。 距離を見ると、ほぼ50Kmとなっている。 と言う事は、もう50Kmほどミニベロで走らなくってはならない。 出来るだけ近道をして帰ろうと、来た道とは別の下総松崎駅近くを通る道を選択したが、60Km過ぎ辺りから、向かい風が強くなり、漕げども漕げども進まない。 日差しはきつくなる一方で、何度も何度も水分補給の休憩を入れる。
CIMG4719blog.jpg
これは、成田に向かう道で、余裕をかまして二人で記念撮影なんぞしておりますが、、、、やはり、わたしにはミニベロ自転車小さ過ぎ?
CIMG4714blog[1]
Y氏の自転車は、ARAYAのEXCELLA SPORTIF! 軽快で落ち着いた雰囲気をかもし出しています。大人の自転車ですね。

帰り道は、徐々にお尻は痛くなるは、左足がツリそうになり、何とか戻ったと安心していたら、最後の10Km辺りで右足がツリそうになり、何でこんな辛い思いをして走るのか、自分をのろいたくなってきたり、自虐的に自分を痛めつけることに快感を覚えるのが自転車乗りかとも思いながら、強い向かい風と立ち向かうことになってしまった。
ミニベロでの100Km超えは、ちと大変。


午後五時から定例の修繕委員会の会議を予定していたが、なんとか10分前に帰着。 みなさんからは「懲りていませんねぇ」と言われる始末。 
まぁ、無事に戻れてよかった、よかったと言うところ。 

Yさん、たいへんお疲れ様でした。
本日の走行距離: 94.5Km 

(あとがき)
昨日は、
まだ疲れていたのか、おかしな文章になっていて、加筆訂正を加えました。

それと、
まだまだ事故の後遺症が、個人的にも、周りでも尾を引いていますねぇ。
マンション内で、私と同年代の多くの方が定年を迎え、
定年後の楽しみの一つとして一緒にやろうと話しをしていたのですが、
「○○さんの二の舞になるから」と相方から釘を刺されて、
自転車を買ってもらえないようだ。

うぅーん、これをなんとかしないと、一緒に愉しむことができない?

2011/05/16 Mon. 14:26 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 10

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。