スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

淡墨桜 ’11 


麗澤キャンパス内の淡墨桜が咲き始めました。 まだ3-4分咲きというところでしょうか。 エドヒガンザクラの一種だそうですが、はじめ花びらは白色をしていますが、徐々に薄墨色に変化してゆきます。

今年の淡墨桜は、寒さの影響でやや開花が遅くれているような気がします。 多分ソメイヨシノも一週間ほど開花がづれるのではないでしょうか。
IMGP7582blog.jpg
白木蓮もまだ蕾のままで、春の到来を待ちわびているようです。 もう少しですね。 
IMGP7390blog.jpg
本日は、昨日までの風がウソのような穏やかなお天気となり、そんな陽気に誘われて、ほんの一時撮影を楽しみました。
IMGP7453blog.jpg

撮影機材: MiniBORG45ED+Pentax K10D 手持ち撮影
スポンサーサイト

2011/03/28 Mon. 14:14 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 6

top △

わたしのできること 

このところ、
野菜に放射能、水に放射能と、騒々しい話題となり、
近県の野菜が姿を消し始め、買いだめにより全国的に水が店頭から無くなり、
本当に必要な人が買うことが出来ないとは、、、馬鹿げた現象だ。

ガソリンの備蓄も十分にあり、市場に出回り始めましたが、消費者の馬鹿げた行動により、値段が上がりはじめている。 満タンにしていないと不安からか?常時満タンにする人が居るようだ。 今すぐに必要でない人は購入しない。 被災していない地域では、極々通常の生活を行えばよく、ジタバタすることはない。

一方、被災地を思うがあまり、あらゆるイベントや活動が自粛されていますが、これも考えもので、経済活動が不活性化され、更なる歳入不足に陥り、結局税収が減り、日本の財政破綻を招く要因となりかねません。
そして、全国民が税による負担を余儀なくされる。 被災地以外では、多いに元気を出して通常の消費活動を行い、その利益や収入の一部を被災地の支援として支出することで貢献もできる。 そして、被災地は、復興のために大いに元気を出してもらいたい。  

また、放射能に対する政府の発表の仕方もちょっとおかしい。
「摂取しても人体に影響は無いが、出荷制限をする」、こんな発表をすれば、誰しも疑心暗鬼になってしまう。 
わたしとしては、現状の放射能線量でびくびくすることはないと思っており、水道水も飲むし、福島県産や茨城県産の野菜を摂取制限することも考えていない。 大いに食べようと思っている。 

我々シニア世代は、時間もたっぷりあるため買いだめに走り易く、そんな姿をよく店頭で見かける。 時間があるため、店頭に並ぶことも厭わない? 兎に角、60歳代以上の年金生活者、シニア世代が買いだめに走ることは止めようではありませんか。 馬鹿げた行動は、やめましょう。 品薄になれば、年金生活者には辛い値上げの追い討ちが待っている。 さらに、ばかげた行動が増税を招くことになる。
 
老い先短いわたしを含むシニア世代は、ジタバタしない!!! 店頭に並んで買いだめする余裕があるなら、日本赤十字社に義援金として支出すればよい。 こんな時こそ、災害に遭わなかった幸せを噛みしめ、平常な余生を坦々と過ごせばよいではないかと思う、今日この頃。 

_IGP6409blog.jpg
一昨年の3月28日に撮影した淡墨桜とメジロ、春近し。

(あとがき) 3/27
日本赤十字社への義援金は、
インターネットとクレジットカードがあれば、一分程度で手続きが完了します。
手続きが完了すると、登録したメールに

この度はご寄付のお申し込みをいただきありがとうございます。
クレジットカード決済が完了しました。
お申し込み内容は以下の通りですのでご確認ください。
今後ともご支援いただきますようよろしくお願い申し上げます。

と言う返信メールが届くことになります。

日本赤十字社に送られた義援金は、『全額を義援金配分委員会に送金いたします。その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。』と言うことになります。 シニア世代は、被災地で労力を提供することは出来ませんが、いくばくかのお金で援助することは可能です。 一人でも多くの方が参加し、被災された方達の元気を取り戻す一助になればと願います。

2011/03/27 Sun. 09:23 [edit]

Category: 写真・風景 その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

一言神社ツアー仲間と再会、ヘルメット着用に関して 

お天気もよく、久しぶりに手賀沼自転車散歩。
手賀沼自転車散歩時、必ず休憩するフィッシングセンター前の休憩所に到着し休憩していると、見覚えのある方達が談笑されていました。 一年半以上前に同じ場所で知り合い、一言神社までポタリングした方達との再会でした。

皆さん再会にビックリされ、恥ずかしながら長く会えなかった理由を説明し、初めて自転車事故を知った様子で、しばし歓談しました。 その後、手賀川沿いを一緒に少し走り、帰路復帰を記念して、ホワイトくんを真ん中にして、野鳥観察をしていた女性に記念写真のシャッターを押していただきました。
IMGP0029blog[1]
話は変わりますが、

ヘルメットの着用に関して、
息子(ひげ)から事故後、自転車に乗る際のヘルメット着用を厳しく言われておりますが、今回自転車遊びに復帰するにあたり、わたしとしては、以下のことを守ろうと思っています。

1.自転車でポタリングやツーリングする際には、ヘルメットの着用MUSTであると考えている。  
2.ただし、自宅周辺で試し乗り(ひげに見つかった時)や買い物、ちょい乗り等でカールトン君やホワイトくんを利用する際には、ヘルメットを被る気分にはなりません。 勿論、全て自己責任となりますが。

と言う理由で、2に関してはヘルメットの着用を現在もしていません。 確かに、自転車に乗る場合は、全てヘルメット着用と言うのが正論なのでしょうが、、、、、。 
 
ヘルメット無しで、フラットバーやママチャリに乗って駅へ行ったり、買い物をするのと同様で、ヘルメット姿は似合いません。 似合う似合わないは身の安全とは別物ですがね。 
また、ママチャリはスピードが出ないからOK?! とんでもない。スピードや危険性は、変わりません。 自転車の種類でヘルメット着用、不着用は決められません。 事故になれば、全て自己責任と言うことです。  
昨日も書きましたが、危険が一杯ですから、必ず自転車保険や個人賠償責任保険、入院保険等を付保しておく必要があります。

さて、皆さんはヘルメット着用に関して、いかがお考えでしょうか???

本日の走行距離: 41.5Km

2011/03/25 Fri. 16:38 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。