スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

自転車事故の顛末 その1 

大変お恥ずかしい話でありますが、自分自身の不注意から起こしてしまった自転車事故に関して、自転車愛好家の方の参考になればとの思いから、ことの顛末を書いてみたいと思います。

事故を起こした自分がいうのもなんですが、車やオートバイもそうですが、
自転車においても危険との隣り合わせ、それをもう少し認識して楽しむことが必要だったと、自責の念にかられています。


道路の状況
センターラインのない、車二台が通れる一般道で、それほど交通量は無い。
事故を起こした場所は、見通しの良い直進道。 快晴、背後から光が射す順光


私の服装
野鳥撮影の帰路、背中にカメラを入れたナップザックを背負い、
野球帽タイプの帽子をかぶり、アディダスの防寒トレーニングパンツ(裾絞り)と
裏フリースタイプのジャンパー、自転車用グローブ着用。
<<息子から、ヘルメットを被っていなかったことに対して、叱責をくらうことになった。>>


事故に至る経緯
まっすぐな道を、22Km/hr程度の速度で快調に飛ばす。 
その私の横を、車がスピードを上げて追い抜いて行った。 

そして、私の前方にママチャリに乗ったおばさん(女性)が走っており、おじさん(私)は、
それを追い抜くため、速度を上げながら、後方確認のために後ろを振り返る。 その際、前方にいる?追い抜いていった車の残像や記憶が全く無い
(いま考えても不思議。 全く記憶に残っていない。
下向きの姿勢で前方視野が狭まっていて、遠くを見ていなかった?
ため視認できていなかったのか?? 抜き去って、もう遠くへいってしまったと思い込んでいたのか???) 

後方確認のため、前方不注意発生

後方の安全を確認して振り返ると、
「あれ!追い抜いていった車が何故目の前にいる!!!」
思った瞬間ブレーキを掛けると同時に、(右折するため直進方向に停車中)のバンパー中央部に自転車の前輪が激突
自転車の後部が跳ね上がり、左顔面をトヨタヴァンガード(あとで判明。 また、
車体がゴールド色で、順光の光で輝き、ウインカー及び停止ランプの視認性が低下?していた)の後部ガラス窓に強打。 メガネが頬に当たりながら、すっ飛ぶ。 顔が、ガラス面に対して横向きにぶつかったのか、帽子はそのままであった。
その後身体は、自転車に跨ったまま
トウクリップで両足をペダルに固定していたため)、左側に倒れ、左足、腰をアスファルトに強打。 痛みが走るが、何とか立ち上がれるだろうと思っていた。


事故後の警察と救急への通報
しかし、倒れたまま、中々起き上がれない。 
運転していた方が、頬から血が出ているとティッシュを渡してくれ、「大丈夫ですか」と聞いてくれる。 
何度も「大丈夫」と応えるも、立ち上がれない。 私の様子をみていたその方が、「救急車を呼んだ方が良いのでは?」と何度も確認されるので、しばらく様子をみるが(2-3分)、どうにも立ち上がれないため「お願いします」と依頼。 その方が携帯で、警察と救急へ連絡を取る。 

路上に横たわりながらその様子を眺めていたが、救急車で運ばれた後処理のことが頭に浮かぶ。 自宅からほど近い場所であったことから、携帯で妻に連絡を入れ、車で現場へ来てくれるように依頼。

救急車やパトカーの到着と同時に、妻の運転する車も眼に入る。 
妻に自転車の後処理と警察との立会いを頼む。 しかし、またまた妻を驚かせ、厄介をかけることになってしまった。 毎日が日曜日となり、時間が一杯の人生になったので、少しでも家事の負担を軽減させたいと思って、訓練中だったのに、、、、情けないことになってしまったようだ。  


救急病院への搬送
救急担架に載せられる際、下半身を動かすだけで左足に激痛が走る。経験的に、「これは骨折したな」と理解する。
(これもお恥ずかしい話ですが、シンガポール時代、スパイクシューズでゴルフ場のコンクリート道を走り、止まろうとした瞬間に滑り、右足をひねって、骨を二本ねじり折った時と同じ痛みから推測できた。 !!本日、宮里藍が二週連続優勝したタナメラC.Cでの出来事!!)
 
救急隊員が、「近くの救急名戸ヶ谷病院でよいか」と尋ねるので、手賀沼へのサイクリング時いつも横を通る病院で、自宅からも近いため、了承してその病院に搬送される。


痛みに関しては
この救急車に載せられる際と、病院でレントゲンやCTスキャンで担架から移動する時が一番痛く感じ、手術や術後の痛みは、下半身麻酔や痛み止めで殆んど感じることは無かった。  これは驚きであった。 多分、昔と比べると、手術や麻酔方法、痛止め薬の進歩のお陰?で、大きな痛みが伴わなかったのは、不幸中の幸いであった。

診断結果
大腿骨頚部骨折


手術方法、闘病生活、損害賠償、健康保険、生命保険関連等々
つづく
スポンサーサイト

2010/02/28 Sun. 14:27 [edit]

Category: 自転車事故

TB: 0  /  CM: 2

top △

みなさまへ  2010.02.23 

大変ご心配をお掛けいたしました。 
また、心温かいコメントをいただき、こころから感謝いたします。
 
昨年12月22日、自転車で自爆的事故を起し、丁度二ヶ月間の闘病生活を過ごし、
昨日退院して参りました。 
わたしにとりましては、何だかまだ2010年が明けていないような気もしますが、
取合えず自宅へ戻り、自宅療養となり、生活実感がすこし伴う様になりました。

まだ松葉杖状態で、二足歩行ができる状態までには時間が掛かりそうですが、
桜の咲くころには、自力歩行が可能になるのではと期待しております。  

今回の件は、自分自身の恥を曝すようなことになりますが、
ことの顛末に関して、自転車乗りのみなさんの参考になればとの思いから、
追々このブログにて紹介させていただくつもりです。

2010/02/23 Tue. 21:02 [edit]

Category: 自転車事故

TB: 0  /  CM: 4

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。