スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

本日も手賀沼CR 

さすがに、土日はサイクリストが大勢やってくる。 夫々のスタイルで、サイクリングを楽しんでいるようだ。 昨日はピィーカピカのお天気だったので、外へ出る気にはなりませんでしたが、本日は、曇り空、ムーッとしてますが、それでも過ごしやすい。
いつものように、手賀沼フィッシングセンターまで、一気に走る。 自宅から13.5kmですが、36-7分を要する。 平均時速は、22km/hrまで上がってきてますが、やはり途中、大きな車輪の自転車にらくらく追い抜かれてしまう。 まぁ、スピードを競うために自転車に乗ろうとしているわけではないのですが、スーット抜かれると、やはり闘志がムラムラと湧いてくる自分がいる。 まだ、若いですねぇ。(笑)IMGP9699s5n.jpg
歳を考えて、のんびり走ればよいのに、、、ね。 まだまだ、人間が出来てません。
芝生に生える、ネジバナを撮影して、帰宅。 

午後を過ぎて、雷とともに豪雨となってしまいましたね。

撮影機材: Pentax Optio S5n
走行距離 & 時間: 27.31km & 1:21'35 平均時速 & 最高速度: 20.1km/hr & 36.0Km/hr
スポンサーサイト

2009/06/28 Sun. 17:28 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 0

top △

梅雨の一休み 

やっと、雨も上がり、自転車を転がすことが出来るようになったので、手賀沼まで行ってみた。 休憩所まで約14 km、途中コンビニでおにぎりを買うときを除いて、休むことなく走り続けてみた。 やっと、Ave.速度が20km/hrを超えた。 最後の方では、Yさんが後ろかろ追いかけてきた。 さすが、TREKのクロスバイク、簡単に追いついたようだ。 大きい車輪には敵わない。 漕ぐ回数が少なくって、惰性も出るので、楽に25km程度は稼げるようだ。 Yさんと一緒に休憩していると、Sさん、Fさんも来られて、一時歓談する。 その後、手賀の丘公園の脇を通り抜け、藤ヶ谷、逆井を経由して、妻がよくウォーキングしている公園まで走る。  
ここで、お昼に。 自宅に立ち寄り、再度前回あじさい通りと思っていたところは違っていたようなので、行ってみることに。 前回の場所からは、すぐ裏手に当たるところがあじさい通りと名付けられた一画であった。 昔、この斜面は竹や雑木林になっていたようで、20年前から住民の方が開墾し、あじさいを植え増やしてきたようだ。 今では、1000株まで増え、住民のみなさんで楽しんでいるようだ。IMGP968545edk10d.jpg
この近くには、あじさいで有名な本土寺(日本の紫陽花ランキングで10位)もあり、本土寺を見た後に、ここも訪れる人達がいるようだ。IMGP969345edk10d.jpg
雨が似合うお花の一つ? あちらこちらで紫陽花を見かける頃、心を空にして、花を眺めるのも一興。

撮影機材: Optio S5n
走行時間&距離: 2:13'58 & 38.4Km Av. & Max.速度: 17.2km/hr & 41.6km/hr

2009/06/25 Thu. 18:44 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 0

top △

カールトン君で鳥撮 6/17 

_IGP511445edk10d.jpg
コジュリン狙いで、龍ヶ崎の飛行場まで走ってみることに。
先日、布施弁天にご一緒したTさんと逢う。 あやめを背景に記念撮影したプリント、みなさん分を手渡す。 Yさん、本日は、二ヶ月ほど前に購入された米国製TREKというクロスバイク(16万円也!!!)に乗ってきた。 前回は、かなり年季の入ったブリジストン製クロス風バイク。 やはり乗りはじめると、みなさんいろいろな自転車が欲しくなって、購入されていますね。 しばらく、休憩を兼ねて自転車談義。 

本日は、手賀沼CRのサイクリストの数が少ない。 私は、野鳥撮影が目的なので、Yさんと別れて一路コジュリンの里、龍ヶ崎飛行場へ。 コジュリンは、全国何処でも見られる野鳥ではなく、ごく限定された場所でしか見ることが出来ません。 ここ千葉の利根川流域と、八郎潟が繁殖地として知られている。 

飛行場に着いたのが、お昼時。 ベンチに腰掛けて、おにぎりタイム。 上空の先、成田に向かって入ってゆく大型の飛行機が、ゆったりと旋回して行く。 

肝心のコジュリン、囀りは聞こえますが、姿が見えません。 仕方なく、大きな鳥でも撮影しようかと言うことで、鉄の鳥を900mmの超望遠撮影。_IGP509945edk10d.jpg滑走中のセスナ機。 いつもそばで見ている飛行機とは違い、小さく身近な気がする。 _IGP507945edk10d.jpgコジュリン、遠くに出てきましたが、柵の中で近づくことができず。 諦めて、飛行場の周りを探すが、見当たらない。 こういうときもある、仕方ありませんね。 帰り道を探しながら、田圃の中を走る。 
IMGP966745edk10d.jpg車の通行が無く、快適な走行。 若草大橋に出る道があったので入ってゆくと、車道の脇に自転車専用道路?ずんずん入って行く。 料金所の脇を過ぎると、あれぇ「自転車通行料20円を箱に入れてください」との縦看板が目に入る。 「自転車も有料なんだ!」とちょっと驚いたが、安いので、引き返して20円を入れ、千葉県側の方が距離的にも楽そうなので、対岸に渡って利根川CRを走る。

それにしても、こんなに交通量の少ない橋をどうして造ってしまうのだろう。 日本の政治のおかしなところ? 官僚の成せる業なのか? 誰がこんな橋を造ろうと叫び、国民の税金を浪費してしまうのだろう? 確かに、布佐から江戸崎までの間に橋がないことは事実であるが、住んでいる住民も限りなく少ない。 田園地帯なんだから、、、、
IMGP966145edk10d.jpgやはり平日なのか、ほとんどサイクリストが見当たらない。 周りを気にすることなく、無心に漕ぐことができる。 木下(きおろし)で利根CRを外れ、手賀川沿いの道を走る。 途中、セッカ、オオヨシキリの声がするので、野鳥撮影の続編開始。_IGP521545edk10d.jpg
まずは、セッカ狙い。 土手を降りて、近づく。_IGP516745edk10d.jpg機動力のある、900mm手持ち撮影。 デジスコなら土手の上からでも撮影可能だが、三脚等々機材だけでも10KGになってしまうので、デジ眼直焦点撮影の手持ちは、その点が楽である。 セッカが居なくなってしまったので、オオヨシキリ狙いに変える。_IGP522745edk10d.jpg
相変わらず、葦原で大きな口を開けて騒がしく囀るオオヨシキリ。 
_IGP522845edk10da.jpg
セッカ、オオヨシキリが撮影できたので、帰路につくことに。IMGP967245edk10d.jpg
雲行きが怪しい出だしだったが、何とか持ち、快適なポタリング日和となった。

今度は、佐原まで走ってみますかね。 片道60km以上ありそうですが、、、、、挑戦は、涼しくなった秋ですかね。
本日の走行距離&時間: 77.53Km & 4:14'40 Av.&Max速度: 18.3Km/hr & 39.9Km/hr
撮影機材: miniBORG45ED+Kenko Teleplus2.0+Pentax K10D & Optio S5n

2009/06/18 Thu. 09:15 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。