スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

置き忘れたペンタ君、戻る!!!! 

いやぁ、ビックリです。 先日Fさんと一緒に成田山詣でをした折、手賀沼CRの休憩所にペンタ君を置き忘れた。 もう戻ってこないだろうと諦めていましたが、Fさんが言っていたように、Fさんの友人Oさんが拾ってくれていたようで、本日手元に戻ってきました!!!! ↓置き忘れた場所です。(成田山へ出発前に撮影)IMGP9620s5n.jpg
私はFさんの電話番号を聞いていましたので、近々連絡を取らなければと思ってはいたのですが、お尋ねするのも未練がましいと思い、ちょっと躊躇していましたところ、本日Fさんから電話が掛かって来ました!!!これも驚きです。  私の電話をお知らせしていないのに?どうして分かったのだろう???? 

Fさんの話によると、警察は教えてくれなかったようですが、NTTの電話案内で、私がR大学の近くに住んでいることを話してましたので、二軒ほど同じ姓の人が居るということで、二軒目でたどり着いたようです。 いやぁ、そこまでしていただけるとは、本当に感謝です。 それでは、「先日の場所で待ち合わせしましょう」ということになり、待ち合わせ場所で、オプティオS5nをFさんから受け取りました。 

ところが、不思議なもので、本日そこに到着すると、私の顔をちらちら見る方が???そして、「Fさんのお知り合いですか」と尋ねてきました。 「ええ」と応えると、私(Yさん)がFさんに置き忘れカメラをOさんがもっていることを知らせたのですよとのこと!!!(Fさんから今朝、私に連絡があったことは知らなかったようですが、私のことをいろいろ聞いていたようです)  いやぁ、これもビックリ。 仲間内で、私の置き忘れカメラの件が伝わっていたようです。 みなさん、自宅から何時もここまで出かけてこられ、一緒にサイクリングをされたり、ダベリングをされているようです。 仲間のみなさんに、感謝です。
IMGP9626s5n.jpg
そうこうする内に、Fさん、Yさん共通の知り合いの方が集まってきて、4人程になり、カメラの話題で話が盛り上がりましたが、ここに居ても仕方ないと言うことで、布施弁天にみんなで向かうことになり出発。 途中、あやめが咲いている場所で撮影タイム、丁度見頃になっていました。

布施弁天は、あけぼの山が近くにあり、春秋の野鳥の渡りのシーズンにはよく行く場所ですが、中まで入るのは久しぶり。 25年以上も昔のことですが、息子と一緒に除夜の鐘を突きに来たことを思い出します。 
IMGP9628s5n.jpg
その鐘楼は、これのようですが、こんなに立派な彫刻が施されている鐘楼とは、、、、そして、私の記憶にある場所と食違っているのですが、、、弁天さんの方に聞くと、「毎年この鐘楼で突いています」とのことでした。 記憶って、曖昧ですねぇ。
IMGP9642s5n.jpg
この鐘楼、十二支が周りに彫刻されています。
IMGP9651s5n.jpg平日のため、境内は静かなたたずまいを見せていました。IMGP9637s5n.jpgここからは、夫々自宅に向かって帰ることになり、私は北柏から手賀沼へ再度入り、沼を見ながらおにぎりを食べた後、帰宅しました。

みなさん、本当にご親切に、ありがとうございました。 多謝。

本日の走行距離&時間: 39.64Km & 2:12'40Hr Av.速度&Max速度: 17.9Km/Hr & 37.8Km/Hr
撮影機材: 戻ってきた、Pentax Optio S5n

2009/06/15 Mon. 15:20 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 0  /  CM: 3

top △

自転車道さがし 

自宅から江戸川CR又は利根運河へ自転車で出れる方法? 車なら何ら問題ないのですが、自転車で走るとなると、交通量の少ない道を探したい。 
自宅は流山に近いので、入り口としては流山なんですが、どうも流山の道は、私にとって、迷路になっていて、車で橋っても方向感覚がいつもズレてしまう。

先ずは、自宅から千代田線の線路を越える道を見つけなければならない。 これは、少しでも車の交通量の少ない道を探すほか無い。 JRと6号線を越える方法は、何とかなりそうだ。 

6号線を越えるとすぐ、左側に紫陽花の花が咲き誇っている場所があった。CIMG3314casio850.jpg
この辺りでは、本土寺が有名ですが、週末は人出が凄いことになっているのでしょうね。 取り合えず、記念に撮影。 本日は、Casio Exlim EX850を利用。 このカメラ、かなりマイナス補正しないと、明るい部分が飛んでしまいますね。  さて、ここから豊四季、おおたかの森の脇を抜け、江戸川台、運河を経由して、利根運河の土手を目指すのですが、CIMG3317casio850.jpgどうも、方向感覚が狂ってしまいます。 もちろん地図なんてものは持ち歩きません。 自分の方向感覚を頼りにですが、どうも怪しい、、、、。CIMG3318casio850.jpg二回ほど人に尋ね、何とか江戸川台にたどり着く。 そして、避暑地又はアメリカの新興の住宅地を思わせるような一画に入った。 近くに住んでいながら、こんな一画があるとは知らなかった。  その住宅地を抜けると、運河駅の近くの利根川運河土手に出ることが出来た。 CIMG3322casio850.jpgそこで一休み。 さて、江戸川に向かうか、利根川に向かうか、どちらにしようか。 とりあえず、利根川方面に向かうことに。 延々と土手の風景、里山が続く。
CIMG3329casio850.jpg
ほぼ、利根川CRに近いところまで行きましたが、土手の景色ばかり。 そこで、野田のしょうゆ工場見学を思い出す。 アカツメグサを撮影した後、Uターンして江戸川に向かうことにした。
CIMG3340casio850.jpg
数度、訪問したことがあるのですが、目標としては良いか。 何か目標がないと、初心者は走れない。 ただ単に、自転車を漕ぐのが楽しいと言う気分には、まだなれない。 この歳になって、早く走る訓練の必要も無い? そんなことは、若い人に任せておけばよい。 還暦を越えた人間が、スピードに命を懸けることはない? (笑) ゆるゆるサイクリングでよい? CIMG3341casio850.jpg
11時20分に工場に到着。 守衛さんに、「今からでも入れますか」と尋ねると、12時になると休憩に入るようですが、今なら間に合うとのこと、入場手続きをする。 手続きをしていると、派手なユニフォーム?を着た自転車軍団の方達が、丁度帰るところでした。 (どうも、もっこりピチピチ半パンツに、派手派手なジャージを着て、普通の場所に居る姿は、個人的にはどうも馴染めない?)  入れ違いに、
CIMG3343casio850.jpg自転車をどうしようかと守衛さんに自転車の保管のことを尋ねると、守衛室の横においてください。 先ほどの方達と同様、「我々が見張ってますから」とのこと、鍵もかけずに置いてゆくことにした。  館内に入るとすぐに、係りの女性がパンフレットを渡してくれ、「すでにツアーは始まっているので、自由にご覧ください」とのこと、何度も来ているので、順路に従って行くと、見学ツアーの一行が居たので、一緒に説明を聞きながら進む。  このツアーは、最後に卓上の醤油をお土産としていただける。CIMG3351casio850.jpgツアーも終わり、しょうゆソフトクリームを食べようと店内に入り購入し、セルフサービスの冷茶を飲もうと、ベンチにお土産のお醤油を置き、一人待ちで冷茶を入れ、振り向くと、もうお土産のお醤油がない? あれぇ、何処へ行ったの・・・醤油。 そのすぐそばで、お年寄り達が、忘れものしないようにと帰るところでした。 うぅーん、人の醤油まで持ち去ったか? (笑) まぁ、無料のものだから良いのですが、、、、それにしてもねぇ。 人の物まで持って帰る年寄りにはなりたくない。

さて、ちょうどお昼時。 来る途中に、よくお世話になる十割蕎麦屋があったので、そこに行くことにする。CIMG3353casio850.jpgもちろん、その十割そばを注文。 コシがあって、中々美味しいのである。

ここからどのようなルートで帰ればよいのか、、、、、取り合えず、江戸川と利根運河の分岐まで行くことに。 そして、取ったルートが利根運河の運河駅手前を江戸川に沿って走ってみることに。 車も少なく快適な道路。 家庭菜園をしている一画を過ぎ、流山のクリーンセンター脇を抜けたが、さてどうしよう。 オオタカの森へ行く道があるので、その道筋をとることにする。
CIMG3359casio850.jpg
途中に古そうな神社がある。 茂侶神社と言うらしい。 平安時代の神名帳にある神社のようだ。 ここから、おおたかの森ショッピングセンターはすぐそこにある。

ところが、おおたかの森から南柏に抜ける道は在るのだが、道が狭く交通量が多いため、自転車には適さない。 再度、ここからの帰る方法を見つけないとダメだ。 遠回りすれば、あるのでしょうが、、、、次の課題ですね。

本日の走行距離&時間: 61.04Km & 3:19'40 Av速度 & 最高速度: 18.3Km/hr & 36.6Km/hr
撮影機材 : Casio Exlim EX850

2009/06/14 Sun. 17:39 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 0

top △

自転車で成田山、新勝寺詣り 

まさかの長距離、初体験。

自宅を9時半に出て、手賀沼から利根川へ抜けるルート探しが目的でしたが、手賀沼の片山新田と言う分岐点で最初の一休みに入る。 対岸には先日うなぎを食べた、手賀沼フィッシングセンターが見える。
写真撮影を終えて座ると、休憩されていた方が、「成田山まで行きませんか?」と声をかけてくる。 長年勤めていたのが成田空港なので、ちょっと躊躇して、利根川の堤防までお付き合いしますと返事をした。 そして、ママチャリでやってきた方にも声をかけられ「成田山」へと言うことになり、三人で出発。 

利根川の堤防に着く前に、まぁ一度は成田山へのルートも知っていて良いかなということで、「成田山まで、お付き合いします」と一緒に行動することに。 利根川の堤防に着いて、どうも後輪の空気が甘いと感じ、持参の空気入れで空気を注入しようと自転車を土手に倒すと、利根川の上流からやってきた方が、「パンクですか?」と声をかけてくる。 いいえ、「空気が足りないので、注入しようと思っている」と返事をすると、「みなさん何処まで」と言うことになり、「成田山」へ行くと返事。 「一度も成田山へ行ったことがないので、同行しても良いですか」と言うことになり、4人で一路「成田山」へ向かう。

一方、土手に着いた時点で最初の休憩。 手賀沼からの三人の自己紹介となり、夫々が自己紹介することに。  「成田山へ行きませんか」と声をかけてきた方は、70歳のFさん、ロードレーサーで毎日のように、健康のために手賀沼の終点まで江戸川台から走って(往復40kmとのこと)いるようだ。
ママチャリで成田山まで行くと言われたのは、75歳のIさん。 兎に角、ママチャリで成田山まで!!!この人本気?と最初は疑いましたが、、、、。

そして、利根川の堤防で参加したHさん(成田山新勝寺で自己紹介)。 昨年から私同様、自転車に狂った?ようで、八千代に単身赴任。 一年足らずで、3台も自転車を揃えたようだ!!! そして、高速化を目指し、リムとスポークもエアロタイプに換装されたようだ。 私と全く同じ年齢。 4人を足すと、260歳を超えますね!!!

と、ここまで同行者を紹介しながら写真が一枚もない。 私としては珍しい?
実は、手賀沼の休憩ポイントにPentax OptioS5nを置き忘れたのだ。 いまから戻っても、もうないだろうと思い、そのまま成田山へ。

私は、成田空港へ車で通勤していたこともあり、土地勘はありましたが、自転車で安全に行ける方法は知りません。 走りながら、なるほどこういう行き方もあるのかと感心しつつ、一番の驚きは、ママチャリのIさん、75歳なのに、暑さやアップダウンに音をあげず、我々に付いて来る。 まさに、驚愕もの。

10時半に手賀沼を出発して、ゆっくりとしたペースで午後1時前に新勝寺着。
私は、お正月も護摩を焚いてもらってますので、みなさんの自転車番をしながら、おにぎりで昼食。
休憩後、Hさんは横浜在住で、八千代に単身赴任。 まだ、成田山界隈も見ていないだろうと言うことで、自転車を手で押しながら参道を進み、米屋まで。 そこで再度休憩し、甘味物の補給。

そして、帰路に着くことに。 ここから、またまたアップダウンが続く道。 Iさんがもつかどうか心配でしたが、Iさんが遅れて来るのを待ちながら進む。 それにしても、驚異的な脚力と持久力。 ママチャリでついてくるのですから!!!自転車の重さも、我々の倍ほどもあり、変速機も付いてないのですよ!!! 凄い、という他言葉が無い。 それも、入院してやっと元気になったとか、、、恐るべし、75歳。 私が75歳になったとき、これだけの元気さがあるだろうか???はなはだ、疑問。

Hさんは、途中印旛沼経由で八千代道の駅に戻ると言うことで別れ、3人で手賀沼の分岐点まで目指す。

で、カメラ? やはり無いですね。 伝言も置いてなかった。 仕方ない。 忘れた方が悪い。
諦めることに、、、、Fさんが、いつもそこに集まっているメンバーに聞いてくれるようですが、運がよければ、というところですね。 デジカメは、何台も持っているので不自由はしないのですが、Optioは愛着がありますので、出てきて欲しい。

手賀沼の端に戻ると、75Km程度になっていたので、「もう少しで100kmを超えれるのになぁー」と思いながら、100Km超えは、次回の楽しみにとって置くこととして、今回の成田山詣でを終わることにした。

自宅に帰り着くと、もうへたへた状態でしたが、70歳のFさん、75歳のママチャリIさんのことを考えると、そしてFさんは、早朝からのランで150Km超えですから、私なんて、まだまだなんですよね。 ただ、ミニベロでの長距離は、、、、、?

何となく、一日100km走行の感覚をつかめた感じ。 また、一人で走るのも良いが、話をしながら、楽しく走るのもいいものです。 初対面の方々でしたが、共通の趣味が成せる業ですかね。 楽しくポタリングが出来た一日となった。

本日の走行距離&時間:88.37Km & 5:00'50 Av. & Max.17.6Km/hr & 43.3Km/hr

2009/06/12 Fri. 20:56 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。