スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

梅雨入りのようなお天気、 紫陽花咲く 

じめじめとしたお天気が続き、なかなか自転車で出かける機会がもてない。
j
昼食後、我慢できずに、雨の合間逆井の観音寺までポタリング。 
j
ほとんど人影もなく、ひっそりとたたずむ観音寺。 
j
あじさいが、そろそろ咲き始めましたね。 曇り空で、やや光が足りませんが、
j
咲き始めで、花弁がとても綺麗。 撮影には、丁度良いタイミング?
j
撮影後、その辺りを走り始めましたが、どんよりとした空から、雨がポツリポツリと降り出した。 しかたなく、帰宅の道をとる。
j
撮影機材: Pentax OptioS5i あじさい、スーパーマクロ撮影

走行距離&時間: 10.54km & 0.38.15hrs Av.速度 & Max 16.4km/hr & 33.4km/hr
スポンサーサイト

2009/05/31 Sun. 15:31 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 2

top △

ラレー スモール カールトン君と同居一ヶ月 

j
スモール カールトン君が我が居室にやってきて、一ヶ月が経過。 毎晩、一緒に寝起きをともにしている。 小ぶりなカールトン君、部屋の中でもあまり目立つことなく、品よく佇んでいる。 パソコンをやりながら、手の届くところに居る。 触ったり、磨いてやると、さらに愛情が湧いてくる?

いい歳をしてとお思いでしょうが、それくらい惚れた弱み、愛おしく感じてしまうのですよ。
どうしてこんなに、はまってしまったのだろう????
j
退職後の趣味をもう少しふやしたいが、はじめの一歩。 
身体を動かす趣味が欲しいが、その二歩目。
一人でも、大勢でも楽しめる趣味が、その三歩目。
実弟の自転車を見たのが、その四歩目。 
ネットでミニベロと出遭ったのが、その五歩目。 最初の出会いは、ブルーノだった。 注文までしたが、振られたと言うより、此方から振った?

そして、出会ったのが、ラレーのスモール カールトン君。 フォルムの美しさに、一目惚れ。 心に響くものがあった。 のめり込んでゆきそうな自分を感じた。 こうした感動が、好奇心や興味を湧かせ、熱中し、自分を動かして行く力となる。 

一ヶ月が経過し、一通りのものは揃ったし、自転車で出かけるのが楽しく感じる。 こうなれば、趣味として、定着することになるだろう。

まだ、輪行袋がないが、もう少し近所のポタリングや、車載輪行を楽しんでから考えようと思っている。
とりあえず、時間が出来たら、100kmヨタリングを目指してみようかな、、、、。

そうすると、また何かが見えてくるのかもしれない。 さて、何時まで続けれるやら、、、、70歳でも目指す?

撮影機材: Pentax Optio S5i

2009/05/31 Sun. 08:34 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 0  /  CM: 1

top △

モンベル フロントバッグと中庭のツツジ 

デジ眼を持ってポタリングしたり、ちょっとした食料を入れたりする場合は、
背中にザックを担がなければならなかったのですが、、、、ポタリングで物を携行するには、
自転車に担がせるのも手かなと、、、、カールトン君に似合うフロントバッグを、ネットで探していました。 サイクリストに人気の高いモンベルのフロントバッグを発見、購入してみることに。
j
    フロントバッグを付けたラレー RCS スモール カールトン君とツツジ
本来、カールトン君は、何もつけないほうが格好良いのですが、ちょっと遠乗りのポタリングをするには、荷物をフロントバッグに入れて移動するほうが便利? 
j
また、スタイル重視で走行したいときは、取り外しが簡単な方が都合が良いので、ストラップで簡単に着脱可能なこのフロントバッグは、私の使い勝手にはぴったり。
j
円筒形のバッグで、意外と容量がありますね。 
センターコンパートメントには、布の型崩れ予防のため、プラスティック製の中敷きが入っている。 そのため、中に物が入っていなくっても、ふにゃふにゃにならない。
j
デジ眼K10Dも、真ん中のコンパートメントに入る。 交換レンズのDA50-200mmも入りますね。 私の場合、予備電池のグリップをつけているので、それをつけたままでは、蓋が小さく入れるのが難しい。 まぁ、外して入れれば良い?
j
ただし、野鳥撮影用のMiniBORG45EDを入れるには、細かく分解すれば何とかなりますが、その他の物が入らなくなってしまいますね。 鳥撮の時は、ispackを担がないとダメなようだ、残念。
j
このフロントバッグは、両サイドにコンパートメントを備えており、スペアタイヤや工具類も入るスペースがあり、食料も入れることが可能で、収納能力は高そうだ。 
j

今回、このバッグを取り付ける際に、TOPEAKの空気入れとボトルケージを一体的に取り付けることにした。 ダウンチューブに、もう一つ追加のボトルケージを取り付けることも可能となった。

しかしながら、あれもこれもと、どんどんものが増殖してゆきますねぇ。
これも趣味のうち? 最初は、仕方ないのでしょうね。 一通り揃うまでは、、、、、、そして、この自転車だけでは足りず、もう一台欲しくなってくる。 (笑)

撮影機材: smcDA50-200mm+Pentax K10D

2009/05/30 Sat. 16:54 [edit]

Category: 自転車必需品 & 改造

TB: 0  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。