スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

4 月30日 手賀沼CRを試走 

j
サドルを自分に合った高さ、角度に調整するために、自宅から手賀沼へゴー。 まだサイクルコンピュータが来ていませんので、距離は分かりませんが、途中写真撮影をしながら約三時間ほど走りました。 手賀沼半周したことになるのかな?
やはり、走りは軽快です。 ただ、大きな輪の自転車で、若い女性二人組み(かなり本格的な格好)に、軽く追い抜かれる。 
j
なかなかかっこいい女性二人組み、ペダリングも軽やかに漕いでいました。 おしゃべりしながら、サイクリングを楽しんでいる素敵なサイクリスト達でした。

これだけはしたくない、私の自転車乗りは、ぴちぴちパンツや派手な自転車用レーサースーツを着ない。 靴も普通の靴。 ヘルメットは被りたくない。(安全上?必要) 私としては、どうにもあの姿かたちが、好きになれない。
j013
サドルがやや低いと感じましたので、途中休憩時にサドルを高くする。 足がまっすぐに伸びる感じ、、、何せまだ全く分かりませんので、試行錯誤?
j012
車輪の大きいのは、ミニベロ車と比べると、らくらくと漕いでいる感じがしますね。 こちらは、一生懸命回さないとダメ? 漕がないとすぐ速度が落ちてしまうのが、ミニベロ? まぁ、この点は仕方ありませんね。 速さを競う車ではありませんから、、、、。 、軽快に走れればそれで良し。 満足、満足。j013
途中、休憩と撮影をしながら進みましたが、自分の体力のなさに愕然。 

葦原では、夏鳥のオオヨシキリがもう鳴き始めていました!!! セッカも道路脇で姿を見かけましたので、撮影しようと土手に自転車を倒したとたん、飛ばれてしまいました。 随分近かったのに、残念。 まぁ、200mmのレンズでは、米粒ですがね。j014
試走した感じでは、ややサドルが硬めで、インナーを着けていましたが、お尻が痛くなりそう。 柔なお尻のようです。 サドルの角度も調整かな??? それと、気になったのは、荒めのアスファルトでは、かなり細かく振動を拾うのは、タイヤがレーサー並みに細いからでしょうね。 また、この自転車、オフロードでは乗れませんね。

お天気もよく、快適に走ることができ、楽しみが増えそうです。 また、かっこいい自転車に乗っていて、気分も爽快? 
撮影機材: smc DA18-55mm Pentax K10D
スポンサーサイト

2009/04/30 Thu. 15:38 [edit]

Category: ポタリング

TB: 0  /  CM: 0

top △

4月29日 ラレー RSW CARLTON君、来る 

j002
6月末に退職することを先取り記念して?、もう少し趣味の幅を広げないと、自由な時間が無制限にもらえることへの不安と喜びに打ち震え、何をしたら時間が有効に使えるかと考えていたが、、、、、、、最近、全くスポーツをしなくなってしまった私としては、自転車が健康にも、体力維持にも、自分にあっているのではないかと、勝手に理屈をつけて、自転車探しを始める。

全く自転車ド素人の私が、最初に、これいいじゃない!と思ったのが、BRUNO MINIVELO 20" ROAD(ブルーノ ミニベロ 20” ロード)やビアンキも素敵。 これから自転車を趣味にするためには、やはり格好から入らないとダメと自分なりに理屈をつけながら、ネットで調べるとほぼ6万弱で買える。 しかし、いろいろ見てみると、高級な自転車があるのですね!!!! 10-50万もする自転車があるなんて、、、私のいままでの常識の中にはありませんでしたね。 こんなのを買う人が居るんだぁ、と感心しながら、あちらこちらの自転車サイトを見て回る。 まぁ、カメラと一緒? 物欲にはまって行くのか?
それにしても、いますねぇ、自転車フリーク? 熱中されている方が大勢居ます。 やはり、凝りだすと自分でカスタマイズされる方も多いようですね。 へぇーと感心しながら情報を収集。 まぁ、はじめるに当たっては、ブルーノ辺りがちょうどよいのかなと自分を納得させて、ネットで注文。
ところが、手に入れるには7-8週間も、お待ちください??? そんなに人気車? なんだか出鼻をくじかれる。 それほどの自転車と思いつつ、、、、2週間が過ぎようとしていた時、これもネットでラレーの2009年モデルで、RSW CARLTONが目に入る。 
デザインがいいなぁ、お値段もいいなぁ、と感じながら年金の事を聞きたかったため、古いマウンテンバイクで社会保険事務所へ行くと、待ち時間2時間!!!えぇ、 ジッと座っていても仕方ない。 たしか、この近くに自転車屋さんが在ったはず、と思い探してみると、ほんの近くに在りました。 古いマウンテンバイクの老いぼれ君、サドルがぼろぼろになっていたので、ついでに交換できますかと聞きながらお店の中を見ると、DAHONとFUJIの自転車がずらぁーと並んでいる。 「ラレーのRSW CARLTON扱っていますか」と尋ねると、ありますよと一つ返事!!! へぇ、本物が見れる。 REDがショーウインドーにつるして飾られている。

素晴らしい質感、パーツの良さ、色合いの良さ、品の良さ、自重9.6kg「軽い」、どれをとってもブルーノを超えている。 どうせブルーノを買って、パーツ交換して行けば、同じような値段になってしまう。 ここは、最初からラレーの方が良いのではないかと思い、店の方に、ネットの予約がキャンセルできたら、ラレーのGREENを買いますので、、、、後刻電話を入れます、と伝えて帰宅。

もう絶対ラレーがいい。 ネットのお店に、長期に待てないことを電話で伝え、キャンセルが出来た。 
HASIRINさん(昨年の12月からラレーの販売をはじめる)に電話をすると、もうグリーンを発注してますよ、だって!!!  えぇ、注文が入ると予測して?もうメーカーに発注。 2-3日で渡すことが出来ますよとのことで、驚くやら、うれしいやら、定価11万5千円税込み(実売10万)にしてもらい、購入確定。 妻に、「あら倍になったのね」と、ちくりと言われながら、「そうね」と軽く聞き流し、心の中で「やったね」と叫んでいる自分が居た。

月曜日に発注、水曜日に受け取れるとは、、いやぁ、ラレーとの縁ですねぇ。 何事も、縁が大切。  橋輪さんから自宅まで乗って帰る。 軽いため、いつものマウンテンバイクと走りが格段にちがう。 そして、、、、、
j001
兎に角、小ぶりで美しい。 初めてのドロップハンドルで、やや不安。 まぁ、すぐに慣れるか。
小気味のいい、走り。 シフトレバーも、ハンドルから手を離してレバーを操作する仕様ですが、カチッカチと小気味よく入る。
j008
走りが軽快と言うのが第一印象。 今までが、重すぎる車体?で、お値段も、全く別物。
j006
タイヤ幅が、なんと20mmというロードレーサー並みのタイヤを履いている。
とりあえず、サドルバッグ(TOPEAK製)と鍵(DOG3 safemanと言うアイディアな鍵、後刻紹介)も一緒に購入して帰宅。
j004
部屋の中に入れる前に、庭で記念撮影。
部屋に自転車を入れるのは抵抗があるのですが、盗難等のことを考えると致し方ない?
ところが、小ぶりなためか、部屋にも難なく入り、眺めて暮らせそう。 愛着がさらに湧いてくるかもしれません。 さて、私も自転車乗りの仲間入り。 全く自転車ド素人の私が、これから自転車ライフに、どのように関わって、どのように変化して行くのか、楽しみ、愉しみですねぇ。
j003
そんなこんなを、このブログに載せてゆくことに、、、、

撮影機材: smc DA50-200mm Pentax K10D

2009/04/30 Thu. 14:06 [edit]

Category: 自転車全般

TB: 1  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。