スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

2年ぶり?!!! 

自宅の庭以外での鳥撮は、ニ年ぶり?!

本日10時頃、自宅から歩いて10分の杜へ出かけてみた。

久しく野鳥を撮影していないので、撮影の仕方を忘れてしまった? 一昨日から、埃の被った機材を取り出し、バッテリーも全て切れていたため補充し、メインテナンス後電信柱の碍子を相手にシャッターを切って試し撮をして、撮影感を確かめていたが、、、、さて、本番はどうなることやらと思いつつ出かけた。

杜の入口近くで、鳥が前を横切った。 何かなぁと思いながらレンズを覗くと、シロハラさん。 暗いけれど、試し打ち。

あまり良く撮れている感触は得られなかったが、まぁ第一写というところですかね。

ここは、オナガのコロニーがある所。 周りじゅうから、ぎゃぁぎゃぁとうるさく鳴いている。運良く、居てくれたようだ。
IMGP6744aa.jpg
取り敢えず、定番のこぶしの梢に止まったオナガ達を撮影。 少し相手をしてもらい、飛びものをトライすることに。
IMGP6735aa[2]
まぐれ当たりした、オナガの飛翔。
IMGP6736aa.jpg
カメラを振って、なんとか二枚連続して撮影出来たようだ。 まぐれあたりも良いところで、こんなのは滅多にありませんね。
IMGP6823aa.jpg
他の鳥を探すが、木のてっぺんにヤマガラ一羽、そしてツグミさんも姿を現した。 小さな湧水池にカワセミがいないか探すが声もなく、姿も見当たらなかった。 そんな時、遠くの木にジョウビタキの♀の姿。 何とかとらえたが、画にならない。 

そうこうしていると、なんとなくカワセミの気配が。 辺りを探してみると、翡翠色した弾丸が飛び出した。 やはり、居るようだ。 しばらく様子をうかがっていると、わたしを警戒して、低い所をぐるぐる回って逃げているようだ。 
IMGP6835aa.jpg
待ち伏せ作戦で待っていると、やって来ました。 今季は、カワセミの♀が居ついているようだ。 ずいぶん久しぶりなのに、初回で幸運にも出会えた。

又の機会にということで、短時間で切り上げ帰宅。 思っていた以上の成果となった復活第一弾の鳥撮。 さて、鳥撮を続ける気力が持続するだろうか????

撮影機材: BORG60ED+Pentax K10D テレコンなし、トリミングあり   
 
スポンサーサイト

2014/01/07 Tue. 15:32 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 5

top △

春めいて 


ようやく春らしくなって来ました。 中庭の水仙も咲き、枯れ色一色から、ちらほらと色づいて春を感じられるように、、、

梅の花の蜜を吸うメジロやヒヨドリ。
春を感じているのでしょう? 今年は、梅の花が咲くのが遅かったため、開花が待遠しかったでしょう。
_IGP4440bloga.jpg
どちらが雄か雌か分かりませんが、ポーズや動き、顔つき↑から♂だと思う。
_IGP4490bloga.jpg
いつも、番(つがい)で行動している。
_IGP4465blogabloga.jpg
「私なんか、懸垂も出来ちゃうもんね」と言っているのか、「私たちの楽しみを邪魔しないでね」と眼つけられたのか分かりませんが、  
_IGP4484bloga.jpg
お構いなしに、蜜を吸うメジロ達?! 
とは言え、動きが速く、あっちへ行ったり、こっちへ来たりと、忙しない。 思うようには撮影させてくれませんね。


_IGP4411bloga.jpg
その点、お花は、、、じっくり撮影出来ますが、これも表現するのが難しい。 
自分の感性に頼るしかないのかな?! 

まぁ、春を感じていただければ、、、、

2012/03/27 Tue. 15:55 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 6

top △

久しぶりの野鳥撮影 


自転車遊びが楽しくて、このところ写欲が減退し野鳥撮影がお留守になっていますが、カメラやレンズにカビが生えそうな気配があり出かけてみることに。 随分、久しぶりとなってしまった。  

昨年の十一月に情報はいただいていたのですが、餌付けされてしまったオジロビタキを観に行きました。 到着と同時に、懐かしい地鳴きの声が聞こえてきます。
_IGP1557blog.jpg
カメラマンはたった一人。 本日は、いつも餌を与えている人も居ないようで、その方が餌を置くと、お腹を空かせていたのか、すぐに飛んで来たと言っていた。

餌付けによって、自分で餌を探すことをしなくなるように仕向けてしまったのだから、せめてシーズン中は、責任を持って立ち去るまで餌を与えてほしいものだ。 自分の撮影するときだけ餌を与え、それ以外は知らないなって、無責任? 

こういう野鳥を撮影しても、出逢いの楽しさや、撮影時のワクワク感に欠けて面白くないのだが、出会ってしまうとシャッターを押してしまうのが野鳥カメラマンの習性? 撮りたくなければ、その場に来なければ良いと言うこと?になる。

_IGP1534bloga.jpg
シャッターを押していると、エナガの群団もやって来た。
_IGP1547bloga.jpg
ビンズイも枝止まりしてくれ、
_IGP1838blog.jpg
シジュカラも目の前に止まりポーズを取ってくれ、それなりに撮影を楽しむことも出来た。

_IGP1827blog.jpg
二時間程度その場所に留まり、撮影して帰宅した。

珍しい鳥や美しい鳥が入ると、早々に餌付けされてしまい、どうもこのところ撮影意欲が湧かなくなっている自分が居る。

今週の平日には、コミミズクの撮影に挑戦してみようかな? これは餌付けしようがありませんので、、、ただ、あまりにも多いカメラマンには、ちょっとうんざりしてしまうのですが、そんなことを言っていたら、野鳥撮影が出来ない?事になってしまう。

撮影機材: miniBORG60ED+PentaxK10D 手持ち撮影 

追加の写真
_IGP1886blogab.jpg
餌付けされてしまったオジロビタキですが、やはり仕草はとても可愛い。
そんな一瞬を捕らえることが出来れば、楽しいのですが、、、見つけた、撮影出来たという達成感に欠けてしまうのがなんともし難い? 

2012/01/15 Sun. 21:15 [edit]

Category: 野鳥撮影

TB: 0  /  CM: 4

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。