スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ラレーCRMの化粧直し 

カールトン君のハンドル、購入時から細いなぁと感じていた。多分、軽量化のため? 私の大きな手にはやや細すぎるため、オリジナルのバーテープの上にもう一本バーテープを巻きたいと予てより思っていた。

重ね巻きにより、太くなったカールトン君のハンドル。 やっと見た目にも、バランス良くなったような気がする?

どんなバーテープが似合うのか迷ったが、
カールトン君はやや大人しめのデザインのため、もう少しビビッド感がほしいと言うことで、白と黒のまだら模様のコルクテープを選択してみた。 バーテープの巻き換えは三度目になるが、性格的ないい加減さが現れますね。 何とか巻いたという感じですかね。 

ご覧のような模様だから、少々いい加減でも何とかなったような気がする。

まぁ、1000円程度のテープなので、嫌になったり、破れれば交換すればよい。 もうすでにテープに小さな穴が空き、白いテープで補修してある。 と言っても、この雰囲気、中々気に入っている?! 交換したばかりであるが、また交換するとしたらこのテープを選ぶかも、、、、

最近、やっとカールトン君の第二陣が入荷しているようで、
そろそろそのデリバリーが始まったようだ。 相変わらず人気が高いようで、品薄状態が続いているようだ。 その第二陣のデリバリーのカールトン君にエリートの白黒ボトルホルダーが付けられているのを見て、私も真似をしてホルダーを変更した。 

ボディーのデザインとマッチングして、中々良い感じである。 

本来なら、二カ所とも変更するのが普通であるが、一カ所にした。 実物で使用感を確認したかったからである。 伸縮性にやや劣り、大きいものや、小さいもののホールド感が失われることが懸念された。 特に、袋に収めた輪行袋をホルダーに入れたいのだが、やはり伸縮性に問題があり、従来のMinouraのホルダーの方が汎用性が高いため、ボトルホルダーの残りの一カ所は、そのまま変更しないことにした。 やはり、デザイン性や格好だけでなく、機能性もなければダメですね。 これも、一カ所の変更に関しては、気に入っている。
IMGP9648bloga.jpg

今回実施した二カ所のデザイン変更は、カールトン君にお似合いかな?
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

2012/03/25 Sun. 22:35 [edit]

Category: 自転車必需品 & 改造

TB: 0  /  CM: 4

top △

自転車用手袋 

このブログを通して知り合い、自転車事故を起こす前に船橋近辺や東京都内へのツーリングにご一緒していただいたDAIKICHIさん。 事故を起こして入院した際も、お見舞に来ていただいていましたが、お礼も満足に出来ていないままになっていましたので、復帰トレーニングの一環として、鎌ヶ谷にある彼の事務所まで自転車で出かけてみることに。 途中、大町自然公園や鎌ヶ谷の谷津田、日本ハムの二軍練習場をめぐりながら、一時間ほどで事務所に到着。 突然の訪問でちょっとビックリされたようでしたが、快く歓迎していただく。

ホワイトくんを見てもらいながら、ちょっと自転車談義。 そして、以前彼のブログで自転車用品を中国から並行輸入していることを紹介されていましたので、自転車用グローブを試着させてもらうことに。
IMGP0095blog.jpg
一つ目は、Tiercelというハーフフィンガーグローブ。
とてもフィット感があり、具合がよさそうでしたので購入することに。 そのお値段が、なんと800円!!! 今まで使っていたGOLDWINのグローブと遜色ありません。 凄くいい感じです。  

そしてもう一つが、UTOWというスリーシーズンのグローブ。 これもフィット感があり、寒い時には重宝しそうなので購入。 1,000円!!!と言うお値段でした。

GIANTの手袋もありましたが、わたしにはこの二つの手袋がピッタリとしましたので、これをチョイスすることにしました。 興味のある方は、DAIKICHIさんのYAHOOオークションで購入することも可能です。

当日の走行距離: 35Km 

2011/04/02 Sat. 22:19 [edit]

Category: 自転車必需品 & 改造

TB: 0  /  CM: 2

top △

自転車生活 復帰準備 第二弾 

二台目の自転車を購入する準備は、保管用バイクタワーを設置することで整った。
そして、二台目を購入する前に確かめておきたかったことがあった。

それは、カールトン君のタイヤ? 20インチには451と406規格があり、カールトン君は、451規格の20x1という一番細いタイヤを装着している。 事故後の安全面や走行性を考えると、やや太目のタイヤに変更したいと考えていた。 

そこで自転車屋と相談の結果、
シュワルベのデュラノ20x1-1/8というやや太めのタイヤに変更することにした。
空気を入れたままタイヤをセットする場合は、ブレーキシューを開いた状態でぎりぎりクリアーできる太さであった。 

昨日交換して、試し乗りをしたところ、
太くなった分、外径が一回り以上大きくなったのか、リヤギア一枚分トルクが上がった感じがする。
ペダル一回転での走行距離が伸びる分、走りに違いが生じるのでしょうね。
IMGP9973blog.jpg
そして、クッション性も向上し、安定したやわらかい走りをしてくれそうです。
タイヤを交換しただけで、こんなに乗り心地や、安定感が変わるものかと驚きです。

そして、太くなるとカールトン君のフォルムが変わってしまうことを心配しましたが、杞憂に終わりました。 むしろ、タイヤが大きくなった分、繊細すぎる雰囲気だったカールトン君に力強さが加わり、全体的な雰囲気が向上したように思うのはわたしだけ?かな。
今回のタイヤ交換は、大正解!とします。
IMGP9975blog.jpg
今後二台目の自転車を購入したとしても、
カールトン君を忘れず、これからも一緒に走る楽しみを確保できたような気がします。(笑)

復帰準備第三弾は、二台目の自転車の選択? 
撮影機材: Pentax Optio S5n

2011/03/05 Sat. 08:36 [edit]

Category: 自転車必需品 & 改造

TB: 0  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。